総合トップへ

動物園の蒸気機関車の管理について

最終更新日:2020年2月25日
  

寄せられた市民のこえ

 

ご意見・ご提案

 12月の寄せられた市民のこえで、蒸気機関車が満足のいく保存ができていない、SL人吉の修繕などが必要な場合は、動物園の蒸気機関車の部品を提供しているという回答を見ました。そんな回答はおかしいでしょう。他市のために赤字財政の大牟田市にみすぼらしい機関車を置いておく必要はないでしょう。
 反対します。即刻撤去願いたいです。
 
(令和2年1月受付)
 
 

お答えします

 この度は、大牟田市動物園に展示しております蒸気機関車の管理につきまして、ご意見をいただき、誠にありがとうございます。
 今回ご意見を賜りました蒸気機関車につきましては、昭和47年3月30日に旧日本国有鉄道(現JR九州)と大牟田市において、保存管理等に関する契約書を交わし展示を行っております。契約の内容につきまして、所有はJR九州、維持管理は大牟田市となっており、蒸気機関車の移動、保存管理、修理などの費用は大牟田市が負担することとなっております。
 この車両を撤去するには、JR九州との協議をはじめ、費用の負担や搬出方法、移転先の確保などさまざまな課題があります。さらに、この車両は、鉄道ファンの方々や動物園に来園される多くの子どもたちに親しまれておりますことから、引き続き動物園内での保存管理をすることとしております。
 今後、保存管理につきましては、動物園の指定管理者や市民団体との協働による除草等の美化活動を検討し、できるだけ費用を最小限とした維持管理や活用に努めて参ります。
 
(令和2年1月 観光おもてなし課回答 TEL:0944-41-2750)
 
 

このページに関する
お問い合わせは

市民部 市民生活課
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎2階)
電話:0944-41-2601
ファックス:0944-41-2621
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:13818)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。