総合トップへ

火の用心!飛沫防止シートをつける場合は注意が必要です

最終更新日:2020年6月29日
 

ビニールシート等を設置する場合は注意が必要です!

 新型コロナウィルス感染症の飛沫感染防止対策として、店舗や受付窓口などに透明の「ビニールシート」等を設置する場合は、以下の点に注意してください。

 

窓口イラスト

 

火気の近くを避ける

コンロなどの火気や白熱灯のような照明器具から距離をとって設置するようにしましょう。

 

消防用設備等の障害確認

スプリンクラーヘッドなどの消防用設備等の近くに設置すると、火災が発生した際に、有効に作動しないおそれがあります。飛沫感染防止シートを設置の際は充分に注意してください。

 

ビニールシートの危険性

ビニールやナイロン製の飛沫防止シートは燃えやすい性質があります。

ビニール製の飛沫防止シートは一度火が着くと一気に拡大し、燃え広がっていきます。

また、溶けることで燃えたままポタポタと垂れ落ちる性質があることから、周囲の商品や書類などの可燃物にも延焼拡大する可能性が高いです。

 

シート燃焼

 

 

シート燃焼2

 


・燃えにくい透明のシート(防炎性能)もあります。

・不明な点は、大牟田市消防本部予防課までお問い合わせください。

参考

下の写真のように天井から垂れ下げるシートのつけ方に注意してください。

飛沫防止シート

 

 

消防署では、以下のように飛沫防止シートを作成しました。みなさんも工夫して感染対策をしましょう。

飛沫防止シート2

 

このページに関する
お問い合わせは

消防本部  予防課
〒836-0844
福岡県大牟田市浄真町46番地
電話:0944-53-3527
ファックス:0944-53-7460
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:14248)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。