総合トップへ

令和2年度行政評価の取組み

最終更新日:2020年8月25日

令和2年度の行政評価の取組みについて、お知らせします。

施策評価

 施策評価は、施策の指標達成度に対する要因分析(構成事業が与えた影響、外的要因を踏まえて検証)を行い、今後の方向性を示します。

事務事業評価

 施策を構成する事務事業の評価については、事業の実施状況と課題(「大変順調」「順調」「やや遅れ」「遅れ」)、今後の方向性と具体策(「継続」「改善」「充実」「縮小」「休廃止」「終了」)を示します。

 また、各事業においては、個票を用いて要因分析を行い、今後の方向性を示します。

評価結果

 令和2年度は、37の施策について評価を行いました。

   評価結果等を記載した評価・検証シートは、以下からご覧いただけます。

評価結果については、令和2年度評価実施(令和元年度分)より「主要施策の成果及び基金の運用状況説明書」に全ての施策・事業を掲載しています。

 

  • 【全体版】 令和元年度 主要施策の成果及び基金の運用状況説明書(PDF:15.09メガバイト) 別ウインドウで開きます
      
  • このページに関する
    お問い合わせは

    企画総務部 総合政策課
    〒836-8666
    福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎4階)
    電話:0944-41-2501
    お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
    (ID:14552)

    ※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
    PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。