総合トップへ

令和3年度食育アドバイザー講座(第6回)を行いました

最終更新日:2021年11月18日
 

食育アドバイザー講座って何?

食を通した健康づくりのお手伝いをしている食育アドバイザーになるための講座です。

食と健康づくりをテーマに、医師や管理栄養士、歯科衛生士などによる講話、調理実習、スポーツインストラクターによる簡単にできる運動などを実施予定です。

 

高血圧予防について学びました!

令和3年度食育アドバイザー講座の第6回目を11月10日(水)に行いました。

今回は、「高血圧を予防する食事」をテーマに調理実習を行いました。日本人は日ごろから塩分を取りすぎていることやどのような工夫をしたら減塩につながるのかを学びました。調理実習では、カレー粉を使った風味のよい炒め物(豚肉のタンドリー焼き)やだしをきかせるとともに牛乳を入れることでコクをプラスしたみそ汁の調理、温めた牛乳に酢を入れて作るカッテージチーズ作りなどを行いました。

午後からは、「食品ロスについて」というテーマのもと、環境業務課職員からの講話を聞きました。食品ロスの現状やゴミ減量のためにできることなどを学ぶことができました。

 

調理中講話写真

皆さん初めてのカッテージチーズ作りです。

 積極的に質問をされていました。


料理写真

〈今回の献立〉

テーマ:高血圧を予防する食事

献 立:胚芽ごはん、豚肉のタンドリー焼き

ナムル、みそ汁、栗の茶巾絞り

 果物、カッテージチーズ


 


 

 

  •  

このページに関する
お問い合わせは

保健福祉部 健康づくり課
〒836-0843
福岡県大牟田市不知火町1-5-1(大牟田市保健センター2階)
電話:0944-41-2668
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:14806)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。