総合トップへ

大気汚染防止法の一部改正について

最終更新日:2021年1月27日

 大気汚染防止法の一部改正について

 

  特定建築物所有者等の皆様へ

 

建築物(個人宅含む)・工作物・船舶の解体工事、リフォーム・修繕などの改修工事に対する石綿対策の規制が強化されることから、解体・改修工事を

発注する場合、発注者として、施工業者に対し、以下の配慮を行うことが義務となります(令和3年4月施行)。

 

●建築物・工作物・船舶の解体・改修工事前に施工業者に実施が義務づけられている石綿の有無の調査(事前調査)の結果、石綿が使用されていることが明らかになった場合は、石綿除去等の工事に必要な費用等を含めた以下の発注条件について、施工業者が法令を遵守して工事できるよう配慮すること

 

  ・工事の費用(契約金額)

 

  ・工期

 

  ・作業の方法

 

  ※石綿除去工事を行う場合は、通常より費用、工期がかかります。

 

●工事を発注する建築物等の事前調査が適切に行われるように、石綿の有無についての情報がある場合は、その情報を施工業者に提供するなどの配慮をすること

 

●石綿除去等の工事を行う場合に、施工業者に義務づけられる作業の実施状況についての写真等による記録が適切に行われるよう、写真の撮影を許可する等の配慮をすること

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは

環境部 環境保全課
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎南別館2階)
電話:0944-41-2721
ファックス:0944-41-2722
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:14996)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。