総合トップへ

災害対応力を強化する女性の視点~男女共同参画の視点からの防災・復興ガイドライン~がまとめられました

最終更新日:2021年4月30日

 災害は、地震、津波、風水害等の自然現状(自然要因)とそれを受け止める側の社会の在り方(社会要因)により、その被害の大きさが決まってくると考えられています。性別、年齢や障害の有無などの様々な社会的状況によって影響は異なり、社会要因による災害時の困難を最小限にすることが重要です。

 これまでの災害においては、様々な意思決定過程への女性の参画が十分ではなく、女性と男性のニーズの違いなどが配慮されないといった課題が生じました。

 こうした観点から、内閣府男女共同参画局において、内閣府政策統括官(防災担当)、復興庁、総務省消防庁、厚生労働省等が連携して、標記のガイドラインが取りまとめられましたので、市民の皆様にお知らせするとともに、本市においても必要な取り組みを行なっていきます。

 

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは

市民協働部 人権・同和・男女共同参画課
〒836-0862
福岡県大牟田市原山町13-3 (大牟田市中央地区公民館1階)
電話:0944-41-2611
ファックス:0944-41-2869
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:15304)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。