総合トップへ

いきいきチャレンジ塾「enjoyてがま学び隊!」を実施しました

最終更新日:2021年11月5日
 いきいきチャレンジ塾「enjoyてがま学び隊!」を実施しました
 
令和3年度の子ども体験事業では、手鎌地域の特色を活かしたものづくりやフィールドワークを通して
子どもたちが創作体験をしたり地域の歴史などについて学びました。
 
第1回目は手鎌地区公民館の陶芸サークルによる指導でペン立てやお皿などを作りました。
粘土をこねるところから形をつくるところまで細かい手ほどきを受け、自分だけのオリジナル作品が出来上がりました。
手ろくろを使って仕上げる体験もしました。
写真1写真2
2回目には陶芸窯の見学もしました。実際に自分たちが作った作品を入れる窯の内部を見て、
温度が1400度まで上がることなど説明を受けました。
写真3写真4
初めて見る窯の内部。熱線など細かく観察しました。いろんな色に焼き上がったオリジナルの作品。つまようじ立てや箸置きもできました。
3回目は地域探検をしました。
手鎌小学校の近くには円光寺という古いお寺があり、今の小学校はこのお寺から始まったということを学びました。
他にも親子地蔵や田中屋敷跡など、手鎌の歴史についてスタンプラリーをしながら学びました。
写真5写真6
4回目は竹細工体験をしました。
初めて小刀を使用するという子どもも多く、竹の削り方をサークルの方にやさしく教えてもらいました。
作った竹でっぽうで的あての遊びも体験しました。
写真7写真9
 

「てがま学び隊!」には手鎌校区以外の子どもたちもたくさん参加してくれました。

今回参加したことで、自分の通っている学校の歴史や住んでいる地域のことも知りたい、学びたいという声がたくさんありました。

また、陶芸体験をしたあとものづくりが好きになったという子どももいて、興味・関心をもつきっかけになったようです。





 

 

 
 


(ID:15463)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。