総合トップへ

過疎地域持続的発展計画(案)のパブリックコメント結果

最終更新日:2021年8月6日
  大牟田市は平成22年の過疎地域自立促進特別措置法改正により過疎地域に指定されました。以降、本市は「過疎地域自立促進計画」を作成し、同計画の策定を条件に適用される過疎対策事業債等の支援策を活用してまいりました。
 過疎地域自立促進特別措置法は、令和3年3月末までの時限立法であったことから、「過疎地域の持続的発展の支援に関する特別措置法」(令和3年4月1日施行)が新たに制定されましたが、本市は過疎地域の指定が外れ、卒業団体となりました。
 卒業団体には経過措置として過疎対策事業債の活用などさまざまな支援策が6年間講じられますが、その支援策を活用するためには、引き続き「過疎地域持続的発展計画」を策定することが必要となっています。そのため、経過期間の令和3~8年度を計画期間とする「過疎地域持続的発展計画」の策定を進めています。
 
  今回、過疎地域持続的発展計画(案)について、市民の皆さんからの意見を募集しました。その結果は以下のとおりです。
  

意見募集期間

令和3年7月12日(月)~7月26日(月)

 
 

意見募集した際の閲覧場所

総合政策課(市役所本庁4階)、情報公開センター(市役所本庁2階)、各地区公民館(中央、三川、勝立、三池、吉野、手鎌、駛馬)、市民活動等多目的交流施設  えるる、市立図書館、市のホームページ

  

 

意見の提出状況

 提出された件数 0件

 

 

(ID:15715)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。