総合トップへ

ジャー坊の農産物レポート2021(3)「ぶどう 8月」

最終更新日:2021年9月1日
  

ジャー坊 ぶどう園へ行く

 8月下旬 久しぶりに爽やかな青空が見られた土曜日 
 ジャー坊は、唐船にある中村さんちのぶどう園にお邪魔しました。
 ジャー坊は青空の下、ぶどうの収穫にワクワクしています。
 

ジャー坊ぶどう園へ行く

  

ぶどうの収穫

袋に入ったぶどうぶどうを教える中村さんジャー坊収穫を見る

ぶどうが袋に入ってる (⋈◍>◡<◍)。✧♡

甘い香りがして美味しそう!!はさみで房の根元をチョキン💛💛
 
 今回お邪魔したのは、JAみなみ筑後大牟田ぶどう部会 部会長 中村さんのぶどう園
 中村さんは、巨峰のほかに「BK(ビーケー)シードレス」という品種も新たに栽培し、ぶどうの出荷時期が長くなるよう工夫されていました。
 
ジャー坊ぶどうをもらう(大)ジャー坊と子どもたち
ジャー坊は、ぶどうを収穫してとっても嬉しそう!!子どもたちと一緒に記念撮影

 

JAみなみ筑後 大牟田ぶどう部会

箱入りブドウ

このパッケージを見つけてね!
 現在、大牟田ぶどう部会の会員は、33名。巨峰を中心に、ピオーネ、シャインマスカットなどの品種を栽培し、年間約40トンの生産量があります。
今回の8月11日からの大雨により、出荷前だった露地の巨峰などがかなりの被害を受けたそうです。
大牟田ぶどう部会の巨峰は、広島、熊本、鹿児島へ主に出荷しています。
市内でも購入できますので、是非一度お召し上がりください。
 
販売先:JAみなみ筑後 農産物直売所 愛菜館
(住所):大牟田市田隈767-1
(電話):0944-55-2282
(9月初旬頃まで販売予定)
 

このページに関する
お問い合わせは

産業経済部 農林水産課
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎3階)
電話:0944-41-2754
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:15720)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。