総合トップへ

ジャー坊の農産物レポート2021(4)「いちじく 9月」

最終更新日:2021年9月16日
 

ジャー坊 いちじくハウスへ行く

 9月中旬 今日はあいにくの雨。でも、ジャー坊は、長靴をはいておでかけできることが嬉しいようです。

 ジャー坊は、昭和開にある前原さんちのいちじくハウスにお邪魔しました。 ジャー坊は、いちじくの収穫にワクワクしています。

ジャー坊と長靴

 

 

いちじくの収穫  

ジャー坊とハウスジャー坊とハウス2いちじく
いちじくハウスの中だよ!いちじくが赤くなってるね(。・ω・。)ノ♡手でひとつひとつ丁寧に収穫

 

 いちじくの旬は、8月から9月頃です。前原さんは、「とよみつひめ」という福岡県のオリジナルブランドのいちじくを栽培されていました。「とよみつひめ」は福岡県が開発し、甘さが強く、果汁が豊かで、なめらかな食感が特徴だそうです。

 大牟田では、「とよみつひめ」以外に、「桝井(ますい)ドーフィン」という品種も作られているそうです。

前原さんとジャー坊いちじく 断面家族
甘い香りがする!!ハート型の断面がかわいい前原さんの家族と記念写真

 

 前原さんは、品質のよいものを出荷したいとの思いから、栽培には細心の注意を払い、規格外を出さないよう努めているそうです。

 しかし、8月11日からの大雨により、日照不足からいちじくの色づきが悪くなるなど生育に影響が出て、とても残念そうでした。

 

栄養豊富ないちじく

とよみつひめ

 いちじくは、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄などのミネラルをはじめ、食物繊維などを豊富に含み、体にもうれしい栄養素がいっぱい含まれています。
 今が旬のいちじくを是非お召し上がりください。

 

このページに関する
お問い合わせは

産業経済部 農林水産課
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎3階)
電話:0944-41-2754
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:15797)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。