総合トップへ

市民大学講座を開催しました

最終更新日:2021年12月14日
    

令和3年度 市民大学講座を開催しました!

 おおむた生涯学習まちづくり推進協議会(事務局 生涯学習課)では、令和3年11月~12月にかけて市民大学講座を開講しました。
 

「物語が書かれた時代の視点で読むということ」 令和3年11月10日(水)

11/10 藤崎先生
講師】 有明工業高等専門学校一般教育科講師 藤崎祐二先生
同じ日本語でも時代が異なると意味も違ってきます。書かれた時代の視点にこだわって、文学作品を読み解いていただきました。
 
~受講者の感想から~
「新しい視点で文学を読み解く着眼点が面白かった。古典文学に興味がわいてきた。」
「作品が書かれた時代の視点で物語を読んでいなかったので新しい発見でした。」
 
 
 

 「社会医学への誘い~社会の在りようと健康との関係を探求します~」 令和3年11月17日(水)

11/17
【講師】 帝京大学福岡医療技術学部 医療技術学科准教授 須釜幸男先生
人と人とのつながりが健康寿命を延ばす秘訣であることを、様々な調査結果や原因分析から得られた事例を交えながら楽しくお話しいただきました。
 
~受講者の感想から~
「社会的つながりの大事さがよくわかった。地域や社会とつながっていたいと思いました。」
「疫学という学問を初めて知った。とても興味深かった。」
 
 
 

「がんの診断や治療で活躍する放射線のお話」 令和3年11月25日(木)

11/25 前畑先生
【講師】 帝京大学福岡医療技術学部 診療放射線学科教授 前畑京介先生
放射線の基礎的なお話から、医療現場での放射線利用の最前線など、実際にご自身の体験も交えてお話いただきました。
 
~受講者の感想から~
「説明がわかりやすく放射線の理屈がわかりうれしかった。」
「放射線治療やがんの診断方法に対する知識が得られた。」
 
 

「xRのしくみとVR体験~コロナ禍で加速しているxR技術~」 令和3年12月8日(水)

12/8塚本先生
【講師】 有明工業高等専門学校 創造工学科教授 塚本公秀先生
最新のxR(現実世界と仮想世界を融合し新たな体験をつくり出す技術の総称)についてお話をいただいた後、受講者は実際にVR(仮想現実)の機材を使った体験ができました。
 
~受講者の感想から~
「講演がとても面白く、VR初体験ができてとても新鮮だった。」
「機械に詳しくないので、ARやVRと言われても『単語しか知らない』状態でしたが、仮想現実を体験できたので理解できた。」
 
 
 

このページに関する
お問い合わせは

おおむた生涯学習まちづくり推進協議会(事務局 生涯学習課)
〒836-0872
大牟田市黄金町1丁目34番地
電話:41-2864
ファックス:41-2210
メール e-machidukuri@city.omuta.fukuoka.jp
(ID:16126)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。