総合トップへ

令和4年4月

最終更新日:2022年5月14日

 

4月4日【新一年生の交通安全を願って】    

新一年生の交通安全を願って、ランドセルカバー、防犯ブザー、黄色いワッペンが、各協会と保険会社から市内の全小学校へ贈呈されました。新一年生の皆さん、交通ルールを守って元気に登校してくださいね。  

 ランドセル

4月5日【弁当の日おいしい記憶のエピソード作品コンクールで入賞】    

共同通信社が取り組む「弁当の日おいしい記憶のエピソード」作品コンクールで入賞した、明光学園中学校の森桜咲さんが4月5日、受賞報告に来られました。森さんは「祖母が遠足の日のお弁当によく入れてくれた“がめ煮”のことを書きました。受賞を祖母も喜んでくれたのでうれしかったです」と話してくれました

お弁当

4月6日【豪雨災害からの復旧復興のために】    

令和2年7月豪雨災害からの復旧復興を目的としたチャリティコンサートが昨年11月に行われ、実行委員会の皆さんがコンサートの収益を義援金として市へ届けに来られました。義援金は災害復旧復興のために大切に使わせていただくとともに、委員会の皆さんへ感謝状を贈呈しました。

コンサート

4月6日【死亡事故ゼロを目指して】    

2022年度春の全国交通安全運動が始まり、ゆめタウン大牟田で出発式や啓発キャンペーンが行われました。死亡事故ゼロの1年を目指していきたいですね。市民の皆さんのご協力をお願いいたします。

交通キャンペーン

4月10日【消防団に新たな仲間が誕生しました】    

大牟田市消防団の入団式を4月10日に行いました。新たな新人団員は40人で、地域の各分団に配属されています。火災や災害から地域を守るために消防団の活動は大変重要です。団員の皆さんのご活躍に期待いたします。

消防団

4月18日【大牟田の魅力がつまった新商品が誕生しました】    

本市は、ウィズコロナ、アフターコロナを見据えた新商品の開発などを行う事業所の皆さんを支援しています。このたび10の事業所が新商品の開発や既存商品の改良などを行い、4月18日に“らふる”で発表会が行われました。いずれも素晴らしい商品で、市内外問わず多くの人に愛されてほしいですね。

新商品

4月23~25日【保健センター“らふる”でオープニングイベントを開催しました】    

本市の保健センターがこのたび、乳幼児から高齢者の皆さんまでの健康づくりの拠点“らふる”としてリニューアルしました。4月23~25日にはオープニングイベントを行い、たくさんの人に来ていただきました。私もフレイル予防教室に参加し、皆さんと一緒によかば~い体操を体験しました。

らふる

4月25日【効果的な情報発信に民間人材の活用を】    

本市の情報発信やまちのPRを効果的に行うことができるように、民間の専門人材の知見や視点、技術がなどを活用できるように4月25日、復業クラウドを展開する「ANOTHER WORKS」様と連携協定を締結しました。今回は実証実験の第一弾としてデザインやマーケティング分野のアドバイザーを募り、より効果的な情報発信に取り組んでいきます。

民間人材


4月28日【帝京大学の新1年生に大牟田市のことを知ってもらいたい】    

帝京大学福岡キャンパスに今年もたくさんの若者が入学しました。市外からの人も多く、少しでも大牟田市のことを知っていただこうと、毎年同キャンパスへ出向き、本市の歴史や魅力などの話をさせてもらっています。皆さんのキャンパスライフが充実することを願っています。

帝京大

4月28日【子どもたちと一緒に電子図書館のデモを行いました】    

本市では5月1日より、図書館へ足を運ばずに読書ができる「ありあけ圏域電子図書館」の利用が始まります。それに先駆けて4月28日に、倉永小学校6年生の皆さんと電子図書館の利用の仕方を学ぶデモンストレーションを行い、子どもたちは「気軽に本を借りることができるようになり、もっと読書が楽しくなりそう」などと話してくれました。みなさんもぜひ利用してください。

図書


 




  

(ID:16721)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。