総合トップへ

「子ども大牟田大使」認定式

最終更新日:2022年11月17日

祝!12人目!「子ども おおむた大使」誕生


 大牟田市教育委員会では、平成23年度から、児童生徒が私たちの郷土大牟田について関心を高め、大牟田を愛する子どもたちを育てるために「子ども大牟田検定」を年に2回実施しています。この検定において、全問正解すると「博士(基礎編)」「ゴールド(上級編)」の称号が与えられます。その「博士」または「ゴールド」を5回獲得した児童生徒を「子ども おおむた大使」として認定しているところです。
 第22回までの検定で、11名の「子ども おおむた大使」が認定されています。
 昨年度から、対象の児童生徒が大牟田市の魅力を再確認し、大牟田市への愛着を深めるとともに、記憶に残る認定式とするために大牟田市役所内の市議会議場で執り行っています。
 11月15日(火)、12人目となる「子ども おおむた大使」に認定されたのは、銀水小学校5年生、松延季咲さんです。松延さんは「基礎編」で4回連続満点をとり、今回、「上級編」でも満点を獲得しました。5回連続全問正解と分かったとき、クラスの友達や先生がともに喜んでくれたそうです。
「『子ども おおむた大使』としてもっと勉強し、私の知った、私の感じた『大牟田の宝』を多くの人に広げていきます。」と、堂々と抱負を述べました。
認定書 授与抱負 発表記念撮影
「子どもおおむた大使」認定書授与子どもおおむた大使の抱負発表記念撮影


このページに関する
お問い合わせは

教育委員会事務局 教育みらい創造室
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎4階)
電話:0944-41-2867
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:17336)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。