総合トップへ

利用するときの負担

最終更新日:2019年4月3日

 

1.サービスを利用した場合の利用者負担

 

要介護認定を受けた人は、在宅で受けるサービスや施設に入所して受けるサービスを利用することが出来ます。その際、かかったサービス費用の1割から3割を負担していただき、残りの9割から7割が保険から給付されます。
また、在宅サービスの場合は、要介護度ごとに1カ月の支給限度額が決まっています。

 

介護予防サービス・居宅(在宅)サービスの支給限度額(1カ月)

上限額を超えてサービスを利用した場合、超えた費用は全額利用者負担です。その他「食費」「日常生活費」は自己負担となります。

状態区分

支給限度額

要支援1
50,030円
要支援2
104,730円
要介護1
166,920円
要介護2
196,160円
要介護3
269,310円
要介護4

308,060円

要介護5
360,650円

施設サービスの利用者負担

施設サービス費用は、要介護度や施設の種類、職員の配置等によって異なります。
また、1割から3割の利用者負担額に加えて、居住費(短期入所の場合は滞在費)、食費、日常生活費(理美容代、教養娯楽費など)がかかります。

【自己負担額の一例(要介護度3 多床室利用の場合)】

施設種別

1カ月の費用(自己負担分)

介護老人福祉施設
20,850円+居住費(滞在費)+食費+日常生活費
介護老人保健施設
26,400円+居住費(滞在費)+食費+日常生活費
介護療養型医療施設32,130円+居住費(滞在費)+食費+日常生活費
介護医療院
33,330円+居住費(滞在費)+食費+日常生活費
 

【居住費・食費のめやす(基準費用額)】

部屋の種類

居住費・滞在費の日額

ユニット型個室
1,970円
ユニット型準個室
1,640円
従来型個室(特養)
1,150円
従来型個室(老健・療養型)
1,640円

多床室(特養)

 840円

多床室 (老健・療養型)
 370円

食費の日額…1,380円

(注)上記の金額は居住費・食費の平均的な金額です。
実際の金額は施設と利用者との契約により決定されますので、各施設にご確認ください。

 

2.高額介護サービス費について


在宅サービスや施設サービスにかかる利用者負担(居住費、食費、日常生活費は除く)の世帯の1カ月の合計額が、下表の上限額を超えた場合申請すると、超えた額が「高額介護サービス費」として、後から支給されます。

【負担上限額】

利用者負担段階

対象者

1カ月の上限額(世帯合計)

第5段階
現役並み所得者 ※1
44,400円
第4段階
市民税課税世帯の人
44,400円 ※2
第3段階
市民税非課税世帯の人
24,600円

第2段階

市民税非課税世帯で合計所得金額と課税年金収入
額の合計が80万円以下の人または、老齢福祉年金

の受給者

15,000円

(個人)※3

第1段階
 生活保護の受給者
15,000円
(個人)※3

(注)一度手続をしていただくと、指定口座に自動的に振り込まれるようになります。

※1 現役並み所得者とは、「所得税145万円以上で、単身の場合年収383万円以上、または夫婦の場合年収525万円以上」 の人です。

※2 同一世帯の全ての65歳以上の人(サービスを利用していない人も含む)の利用者負担割合が1割の世帯には、年間446,400円を上限とする緩和措置が適用されます。[2020年7月までの時限措置]

※3 世帯単位ではなく、個人単位の上限額になります。 

 

支給を受けるためには申請が必要です

申請書に必要事項をご記入のうえ、大牟田市 福祉課介護保険担当に提出してください。

このページに関する
お問い合わせは

保健福祉部 健康福祉推進室福祉課 介護保険担当
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎1階)
電話:0944-41-2683
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:2127)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。