総合トップへ

都市計画税とは

最終更新日:2010年4月1日

 

都市計画税とは

 都市計画事業又は土地区画整理事業に要する費用にあてるために、目的税として課税されるものです。

 
 

都市計画税のかかる方は

 都市計画法による都市計画区域のうち、原則として市街化区域内に所在する土地又は家屋の所有者です。償却資産にはかかりません。

 
 

税額の計算

都市計画税 イコール課税標準額 かける税率(0.1パーセント)

 (注)土地については、固定資産税と同様に、住宅用地の特例措置、負担調整措置が適用されます。家屋についての新築住宅に対する減額措置はありません。

 
 

免税点

 固定資産税が免税点未満の人は、都市計画税も課税されません。

 
 

納税の方法

 固定資産税とあわせて納めていただくことになっています。

 

 

このページに関する
お問い合わせは

市民部 税務課 資産税担当
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎2階)
電話:0944-41-2609
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:2330)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。