総合トップへ

償却資産Q&A

最終更新日:2016年1月5日

償却資産Q&A

Q1 建物を所有した場合、どのようなものが申告の対象になりますか?

A1 受変電設備、蓄電池設備等の建物附属設備、機械式駐車設備(ターンテーブルを含む)、外溝工事や広告塔などの構築物等については、償却資産として申告の対象となります。これらについては、工事見積書・固定資産台帳等をご確認の上、申告してください。

Q2 事務所等を借りている場合、どのようなものが申告の対象になりますか?

A2 テナント等が取り付けた内部造作、電気設備等については償却資産として申告の対象になります。

Q3 耐用年数を過ぎた古い資産であっても、申告の対象になりますか?

A3 古い資産で減価償却済みであっても、事業の用に供されている場合は、申告の対象になります。

Q4 昨年申告した資産から、何も変わっていません。昨年の申告と一緒なので、申告しなくていいですか?

A4 資産に増減がない、という申告をお願いします。

Q5 前年中に廃業しましたが、申告書が送られてきました。どうすればいいですか?

A5 前年中に廃業し、所有していた償却資産もすべて処分されたのであれば、申告書の「19.申告内容」の欄の「4.解散・廃業・市内事業所廃止等」を○で囲み、異動日を記入してご提出ください。

Q6 提出した申告内容に誤りがあった場合、どのようにしたらいいですか?

A6 「償却資産申告書(償却資産課税台帳)」(第26号様式)の上部余白に「修正」と明記し、修正年度と修正内容がわかるように記載してご提出ください。

このページに関する
お問い合わせは

市民部 税務課 資産税担当
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎2階)
電話:0944-41-2609
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:2343)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。