総合トップへ

外国人登録原票記載事項証明書の発行について

最終更新日:2019年12月11日

 平成24年(2012年)7月9日から、法改正により外国人についても住民票が発行されることになったため、市役所では「外国人登録原票記載事項証明書」を発行できなくなりました。
 住民票に記載されていない事項について確認したい方は、法務省に外国人登録原票の開示請求(「行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律」に基づく)を行ってください。

  

住民票に記載されていない事項
・平成24年(2012年)7月9日より前に氏名・生年月日・国籍等の変更を行ったこと
・平成24年(2012年)7月9日より前の居住地等の変更履歴
・上陸許可年月日
・外国人登録年月日
・家族事項登録履歴(現在同一世帯にあるご家族は、国籍に関わらず世帯全員分の「住民票」で証明できます)

 

請求できる方
・外国人の方本人
・外国人の法定代理人
 法務省の窓口に直接赴くか、郵送で請求します。電話、FAX、インターネットによる請求は受け付けていません。
 開示は請求日から概ね30日以内に行われ、窓口でも郵送でも受け取れます。

 詳しくは下記にお問い合わせください。

 

請求の宛先

法務省秘書課個人情報保護係
〒100-8977 東京都千代田区霞が関1-1-1
電話番号 03-3580-4111
受付:9時30分〜12時00分、13時00分〜17時00分
  (土日祝日及び年末・年始(12月29日から1月3日まで)を除く。)
法務省出入国在留管理庁別ウィンドウで開きます(外部リンク)

このページに関する
お問い合わせは

市民部 市民課
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎2階)
電話:0944-41-2602
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:2466)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。