総合トップへ

大牟田市立学校再編整備第一次実施計画

最終更新日:2011年5月12日

(平成16年1月制定)
(平成17年1月改定)
 

大牟田市立学校再編整備第一次実施計画

  大牟田市教育委員会では、大牟田市立学校の再編整備の推進を図るため、大牟田市立学校再編整備基本構想及び基本計画に基づき、学校ごとに順次実施計画を策定していくこととしています。このたび、再編整備基本計画のうち、第一次として実施するための計画を策定しました。
なお、基本計画の完全実施にあたっては、全市的な通学区域適正化との関連及び学校施設整備計画の推進との関連など諸課題を総合的に検討し、他の行政計画との整合を図りながら完全実施に向けて推進していきます。
  このたびの第一次実施計画の具体的な取組みについては、保護者、地域をはじめ、関係者等と協議し、理解と協力を求めて円滑な推進を図ります。

 

1 再編整備実施校

(1)三里小学校と三川小学校の再編


1. 開校の時期
再編については、対等の統合とし、平成18年4月1日に新設校を開校する。

2. 学校の位置
大牟田市上屋敷町2丁目3番地1を学校位置とする。(現三川小学校)

3. 学校の名称
両校区民の意見・要望を尊重し、教育委員会で決定する。

4. 通学区域
原則として、三里小学校通学区域全域と三川小学校通学区域全域とする。

5. 施設整備
・平成18年度から20年度に不足校舎の増築整備及び既存校舎等の大規模改造整備並びに屋内運動場の改築整備を行う。
・平成18年度、現三川小学校の校舎増築整備期間中の教室不足分についてはプレハブ校舎で対応する。

6.「開校のための協議会」の設置
大牟田市立三里小学校及び大牟田市立三川小学校を閉校し、両校を再編して、新設校を円滑に開校するため、「開校のための協議会」を設置する。協議会は両校の教職員、保護者及び地域関係者の30人以内の委員で構成し、校章、校歌、施設設備、通学路の安全対策、両校の保存資料、PTA組織、施設開放に関すること等について協議する。

7. 再編校の資料保存
新設校にメモリアルホールを整備し、両校の史資料等を保存する。

8. 交流学習等の推進
児童間の融和を図るために、平成16年度、17年度の2年間、両校に交流学習担当を設け、通常の教育活動に無理を生じないよう計画的に実施する。
 また、計画の立案にあたっては、児童の実態を十分に踏まえて、系統的・段階的な交流となるようにする。

9. スケジュール

詳細

内容

日付

開校のための協議会の設置
平成16年5月
新設校の校名の決定、
校歌、校章等の作成、
カリキュラムの調整
平成16年5月〜平成18年3月
両校の閉校
平成18年3月
新設校の開校(仮校舎にて)
平成18年4月
本校舎完成
平成20年9月

10. 跡地の活用
跡地となる三里小学校については、総合行政の観点から検討を行う。

 

(2)川尻小学校と諏訪小学校の再編

1. 開校の時期
再編については、対等の統合とし、平成22年4月1日に新設校を開校する。

2. 学校の位置
大牟田市諏訪町1丁目111番地を学校位置とする。(現諏訪小学校)

なお、本校舎整備のため、平成22年4月1日から平成24年3月31日までは現川尻小学校を仮校舎とし、本校舎完成後の平成24年4月1日からは現諏訪小学校校地に移転する。

3. 学校の名称
両校区民の意見・要望を尊重し、教育委員会で決定する。

4. 通学区域
原則として、諏訪小学校通学区域全域と川尻小学校通学区域全域とする。

5. 施設整備
・平成22年度、23年度に不足校舎の増築整備及び既存校舎等の改築・大規模改造整備並びに屋内運動場の改築整備を行う。
・平成22年度、23年度は現川尻小学校の校舎を仮校舎として使用し、不足分についてはプレハブ校舎で対応する。

6. 「開校のための協議会」の設置
 大牟田市立川尻小学校及び大牟田市立諏訪小学校を閉校し、両校を再編して、新設校を円滑に開校するため、「開校のための協議会」を設置する。協議会は両校の教職員、保護者及び地域関係者の30人以内の委員で構成し、校章、校歌、施設設備、通学路の安全対策、両校の保存資料、PTA組織、施設開放に関すること等について協議する。

7. 再編校の資料保存
新設校にメモリアルホールを整備し、両校の史資料等を保存する。

8. 交流学習等の推進
児童間の融和を図るために、平成20年度、21年度の2年間、両校に交流学習担当を置き、通常の教育活動に無理を生じないよう計画的に実施する。

また、計画の立案にあたっては、児童の実態を十分に踏まえて、系統的・段階的な交流となるようにする。

9. スケジュール

詳細

内容

日付

開校のための協議会の設置
平成20年5月
新設校の校名の決定、
校歌、校章等の作成、
カリキュラムの調整
平成20年5月〜平成22年3月
両校の閉校
平成22年3月
新設校の開校(仮校舎にて)
平成22年4月
本校舎完成
平成24年2月

10. 跡地の活用
跡地となる川尻小学校については、平成22年度、23年度は新設校の仮校舎として使用する。その後については、総合行政の観点から検討を行う。

 

2 第二次実施計画について

大牟田市立学校再編整備基本計画に掲げる再編計画のうち、笹原小学校・天道小学校及び上官小学校・大牟田小学校の再編整備の実施については、第一次実施計画の進捗状況を見ながら、第二次実施計画を策定する。

このページに関する
お問い合わせは

教育委員会事務局 学校再編推進室
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎4階)
電話:0944-41-2870
(ID:2650)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。