総合トップへ

献血をお願いします

最終更新日:2019年8月22日


  • 献血は今日からできるボランティアです
      •  
        献血は、尊い生命と健康を守るために、大切な役割を担っています。
        市民の皆さんのご理解とご協力をお願いします。
         

        大牟田市愛の献血推進協議会

        昭和41年5月24日に設置された大牟田市愛の献血推進協議会は、献血の推進と啓発を目的に献血への参加や市民への呼びかけなどを行っています。
         
        大牟田市内の献血者の推移(単位:人)
        21年度 22年度 23年度 24年度 25年度 26年度 27年度 28年度 29年度 30年度
        3,866  4,207 5,088 4,864 4,622 4,526 4,702 4,290 4,392 4,344


        献血会

         

              •   
        • 【400ミリリットル献血をお願いしております】

        血球の中の白血球は、病原体と戦い体を防御する細胞で、何百種類もの型があり、同じ血液型でも一人ひとりの血液は微妙に違います。輸血した血液中の白血球によって、患者が拒否反応を起こす場合や、さまざまな副作用を起す場合もあります。そのため、400ミリリットルは200ミリリットル献血に比べ、少ない献血者からの輸血が可能となり、安全性が高くなります。
        献血会では、献血を申し込まれた方の意見を尊重し、献血によって体調を崩すことのないように健康状態について慎重に確認した上で、400ミリリットル献血への協力をお願いしています。
        200ミリリットルの血液は、新生児や幼児に使用され輸血全体の10%以下です。献血会当日に血液センターから依頼があった時に限りお願いしています。
        輸血を受けられる患者さんの負担を軽減するためにも400ミリリットル献血へご協力お願いいたします。
        また、「東日本大震災」や「熊本地震災害」に伴い、多くの方々より献血のご協力をいただいているところですが、献血いただいた血液をもとにつくられる血液製剤には有効期限があることから、一時期に献血者が集中すると、期限切れが発生し、医療機関への安定供給に支障をきたす恐れがあります。皆様からの善意の献血を無駄にすることなく最大限に被災地の医療に活用するためにも、一時期に偏ることのない継続的な献血へのご協力を、よろしくお願いいたします。

           

        【400ミリリットル献血にご協力いただける方】

        ■体 重・・・男女とも50kg以上の方
        ■年 齢・・・男性:17歳から69歳
                女性:18歳から69歳
             (65歳以上の方は60歳以降に献血経験のある方に限ります)

        【献血していただくために】

        ■食事は必ずとっておいてください
        ■睡眠はしっかりととっておいてください
        ■献血手帳又は献血カードをお持ちください
        ■ご本人を確認できる運転免許証や健康保険証等をお持ちください

        【献血であなた自身の健康管理を】

        ?あなたの健康状態がわかります?
        献血された皆さんに肝機能(B・C型肝炎陽性者を含む)、総蛋白、コレステロール等の血液検査を行い、希望により結果を通知しています。
        定期的に献血を続けていただくことであなたの健康チェックにも役立てられます。
        皆様が健康でいられることが、患者の生命を救うことにつながります。

        【平成21年3月15日より 糖尿病関連検査が始まりました】

        日本赤十字社では、平成21年3月15日より献血者全員に糖尿病関連検査を行っています。
        現在、日本における糖尿病患者は、予備群も含めると約2,210万人といわれています。
        生活習慣や社会環境の変化に伴って急速に増加している糖尿病は、初期段階では、自覚症状がない場合が多いため、気づかずに放置されていることが少なくありません。
        ぜひ、グリコアルブミン検査で糖尿病をチェックし、献血者の皆様の健康管理にお役立てください。

        【グリコアルブミン検査】とは
        グリコアルブミンとは、血液中に存在するアルブミンというタンパク質が血液中のブドウ糖(=グルコース)と結合してできる物質です。グリコアルブミンは血液中のブドウ糖量(=血糖値)とその値が続いた時間に比例するため、グリコアルブミンを測定することで血糖値の変化を間接的に知ることができます。
        グリコアルブミンは過去約2週間の平均血糖値を反映しているといわれています。

        生化学的検査項目について(PDFファイル:88KB)(新しいウインドウで表示)

        【英国滞在歴に関する献血制限が緩和されました】

        従前、1980年から1996年の間、英国に1日(1泊)以上滞在された方からの献血はご遠慮いただいておりましたが、平成22年1月27日より「通算1か月以上」(31日以上)に緩和されました。 
        このことにより、1980年から1996年の間、通算30日以下の英国滞在歴の方であれば、献血にご協力いただくことが可能となりました。
        厚生労働省(外部リンク)

         

         

        日本赤十字社九州ブロック赤十字血液センター(外部リンク)

        日本赤十字社(外部リンク)

        厚生労働省(外部リンク)

        このページに関する
        お問い合わせは

        保健福祉部 健康福祉推進室福祉課 障害福祉担当
        〒836-8666
        福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎1階)
        電話:0944-41-2663
        お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
        (ID:746)

        ※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
        PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。