総合トップへ

民生委員・児童委員

最終更新日:2016年12月1日

平成28年12月1日付で民生委員・児童委員の一斉改選が行われました

 平成28年12月1日に民生委員・児童委員が改選されました。今回選任された民生委員・児童委員の任期は、平成31年11月30日までの3年間です。
 民生委員・児童委員に相談したいことがありましたら、下記のお問い合せ先までお住まいの地域を担当している民生委員・児童委員をお尋ねください。

民生委員・児童委員はあなたの身近な相談者です

 民生委員制度は、大正6年に岡山県で創設された「済世顧問制度」に始まり、平成29年に制度創設100周年を迎える制度です。民生委員・児童委員は、みなさんと同じ地域に暮らす身近な相談相手として、地域福祉の推進を行っています。たとえば、住民のみなさんが生活上の悩みを抱え、誰かに相談したいときや、社会福祉の制度を利用したいときなど、常にみなさんの立場に立って相談を受けます。相談内容によっては、行政をはじめとする各関係団体等と連絡・調整を行うなど問題解決に向けて、継続的に支援します。
 民生委員・児童委員は、「誰もが住みなれた地域で安心して暮らし続ける」ことができるよう、地域住民の一人として積極的に地域福祉活動を行っています。

地域住民の中から選ばれます

 民生委員・児童委員を選任するときは、まず、小学校区毎に設置している校区民生委員推薦準備会が、地域住民の中から民生委員・児童委員の候補者を選出し、大牟田市民生委員推薦会へ提出します。
 それを受けて、大牟田市民生委員推薦会が候補者を審議し、福岡県知事に推薦します。福岡県知事は、社会福祉審議会の意見を聴いて、厚生労働大臣に推薦し、厚生労働大臣が、特別職の地方公務員(無給)として民生委員・児童委員を委嘱します。委嘱期間は、3年間です。

主任児童委員とは?

 民生委員・児童委員の中には、子どもや子育てのことを専門的に担当する主任児童委員がいます。主任児童委員は、各小学校区に2名ずつ配置されており、区域担当の民生委員・児童委員や学校、児童相談所などの関係機関と協力して児童の健全育成に努めます。

秘密は守られます

 民生委員・児童委員は、個人の人格を尊重し、プライバシーは必ず守ります。安心してご相談下さい。

あなたの地域には必ず担当の民生委員・児童委員がいます

 民生委員・児童委員一人ひとりに担当する区域があります。

小学校区別民生委員・児童委員定数(主任児童委員2人含む)
みなと校区
20人
天領校区
13人
駛馬校区
25人
天の原校区
14人
玉川校区
11人
大牟田中央校区
22人
大正校区
16人
中友校区
15人 
明治校区
15人  
白川校区
15人
平原校区
15人
高取校区
13人
三池校区 
18人
羽山台校区
12人
 銀水校区
18人
上内校区
8人
吉野校区
15人
倉永校区
11人
手鎌校区
17人  
合計(定数)
295人
 


大牟田市民生委員・児童委員協議会

 同じ活動を担う民生委員・児童委員同士が、知恵を持ち寄り、常につながりを持ってお互いの資質向上を図るため、大牟田市民生委員・児童委員協議会(略称:市民児協)を組織しています。
 民生委員・児童委員が自主的に会を運営し、活動を進める上で必要な知識や技術を学んだり、市町村単位での活動を展開します。


このページに関する
お問い合わせは

保健福祉部 健康福祉推進室福祉課 総務企画担当
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市保健所3階)
電話:0944-41-2668
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:770)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。