総合トップへ

低地等に設置する宅地内汚水ポンプ設備の設置費用等の補助

最終更新日:2016年4月1日
 

低地等に設置する宅地内汚水ポンプ設備の設置費用等の補助

 公共下水道への接続工事を行う際に、家屋の立地が低地等の理由により、ポンプ設備を設置しなければ接続できない場合、ポンプ設備の設置費用を補助します。

  ポンプ設備の設置から一定の期間が経過後に行うポンプ設備の更新または修繕に要する費用も補助の対象となります。


【新規に設置する場合】 

補助金額  宅地内汚水ポンプ設備の設置費用のうち、企業局が認めた額の全額。
 ただし、上限100万円

 

【更新または修繕する場合】

補助金額  ポンプ設備の設置から7年以上15年未満に更新または修繕を行う場合は、企業局が認めた額の半額。
 ただし、上限10万円。
 ポンプ設備の設置から15年経過後に更新または修繕を行う場合は、企業局が認めた額の全額。
 ただし、上限20万円。

 ※ポンプ設備の設置から、7年未満に更新または修繕を行う場合は、全額個人負担となります。


【利用方法】

 工事を申し込まれる際に、排水設備工事指定店へ申し込んでください。


このページに関する
お問い合わせは

企業局 下水道建設課
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(企業局庁舎2階)
電話:0944-41-2844
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:7724)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。