総合トップへ

勝立地区公民館 門松づくり

最終更新日:2021年12月24日
  

天の原・玉川校区「地域の魅力つなげ隊・門松作り」

 

新年を飾るジャンボ門松を作りました!

12月21日・22日、天の原・玉川両校区住民で結成された「勝立門松づくりの会」による門松作りが行われました。勝立地区の竹や松などを使って門松を制作し、勝立地区公民館、天の原小学校、玉川小学校に設置しています。ぜひ、ご覧ください。
 【設置期間】令和3年12月22日 から令和4年1月12日
 
2022年ジャンボ門松2メートル22センチ
勝立地区公民館を訪れるすべての方々から「見事な門松」と称賛されています!

来年の2022年のジャンボ門松は、2メートル22センチの高さに仕上げました。毎年1センチずつ伸びています。また、縁起物であるので竹の切り口が3本とも笑顔(口)のような切り口になるようにこだわっています。

竹の切出し竹をカット
竹は玉川小学校近くの地域の竹林からご厚意で頂き、切出します。竹の切断作業は、門松作りの中でも危険の伴う一番大変な作業です。力を合わせて電動ノコでカットを行います。

作業1土台をカット
土台には外側円柱にカットした竹を貼り付けます。カットも大変な作業です。土台は2メートルを超える竹を支えるために2段作りで補強します。

縄むすび

飾り付け


縄結びは、がっちり結べるように「おとこ結び」という方法で、土台の3本の竹を結びます。

勝立校区から持ち寄られた松、梅、クマ笹、南天、勝立地区公民館の花壇で育てられた葉ボタンをあしらう植栽の作業、完成間近です。


◇21名の「門松づくりの会」皆さん。勝立地区で培われた門松作りの技術の伝承に力を入れています。
集合写真

このページに関する
お問い合わせは

市民協働部 勝立地区公民館
〒836-0895
福岡県大牟田市新勝立町4-1-1
電話:0944-51-0393
ファックス:0944-43-4053
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:8685)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。