総合トップへ

大牟田市の大気環境

最終更新日:2017年8月29日

 

大牟田市大気汚染常時監視体制について

 大牟田市では、大気汚染防止法に基づき、環境基準が設定されている大気汚染物質等について、市内7か所で常時監視しています。
 現在の大気汚染測定局と測定項目については表1のとおりです。

 

表1 大気汚染測定局と測定項目

区分 測定局名

測定項目

二酸化硫黄 窒素酸化物 一酸化炭素 浮遊粒子状物質 光化学オキシダント 炭化水素 微小粒子状物質(PM2.5) 雨量・温度・湿度・日射 風向・風速
一般 国設大牟田

三川

 

 

 

 

新地

 

 

 

 

七浦

 

 

 

 

 

 

 

 

勝立

 

 

 

 

自排 不知火

 

 

 

 

 

(注1) ○印は、1時間ごとにデータを収集する

(注2) 空欄は測定していないことを示す

(注3) 窒素酸化物は一酸化窒素と二酸化窒素の測定

(注4) 炭化水素はメタンと非メタン炭化水素の測定

(注5) 炭化水素には環境基準は定められていないが、非メタン炭化水素に指針値が定められている

(注6) 一般とは「一般環境大気測定局」のことをいい、自排とは「自動車排出ガス測定局」のことをいう

 

環境基準について

 環境基準は「人の健康を保護し、生活環境を保全する上で維持されることが望ましい基準」として、環境基本法第16条に基づき、汚染物質ごとに定められています。これは、環境保全施策を実施していくうえでの目標値として位置づけられています。なお、環境基準を超過した場合でも、直ちに人の健康に影響が現れるというものではありません。また、環境基準に準ずるものとして大気汚染に係る指針が定められています。
 環境基準を表2、大気汚染に係る指針を表3に示します。

表2 大気汚染に係る環境基準
物質 環境上の条件 設定年月日等
二酸化硫黄 1時間値の1日平均値が0.04ppm以下であり、かつ、1時間値が0.1ppm以下であること 昭和48年5月16日告示
一酸化炭素 1時間値の1日平均値が10ppm以下であり、かつ、1時間値の8時間平均値が20ppm以下であること 昭和48年5月8日告示
浮遊粒子状物質 1時間値の1日平均値が0.10ミリグラム毎立方メートル以下であり、かつ、1時間値が0.20ミリグラム毎立方メートル以下であること 昭和48年5月8日告示
二酸化窒素 1時間値の1日平均値が0.04ppmから0.06ppmまでのゾーン内又はそれ以下であること 昭和53年7月11日告示
光化学オキシダント 1時間値が0.06ppm以下であること 昭和48年5月8日告示
微小粒子状物質 1年平均値が15マイクログラム毎立方メートル以下であり、かつ、1日平均値が35マイクログラム毎立方メートル以下であること 平成21年9月9日告示

(注1) 環境基準は、工業専用地域、車道その他一般公衆が通常生活していない地域または場所については、適用しない

(注2) 浮遊粒子状物質とは、大気中に浮遊する粒子状物質であってその粒径が10マイクロメートル以下のものをいう

(注3) 二酸化窒素について、1時間値の1日平均値が0.04ppmから0.06ppmまでのゾーン内にある地域にあっては、原則としてこのゾーン内において現状程度の水準を維持し、またはこれを大きく上回ることとならないよう努めることとする

(注4) 光化学オキシダントとは、オゾン、パーオキシアセチルナイトレートその他の光化学反応により生成される酸化性物質(中性ヨウ化カリウム溶液からヨウ素を遊離するものに限り、二酸化窒素を除く)をいう

(注5) 微小粒子状物質とは、大気中に浮遊する粒子状物質であって、粒径が2.5マイクロメートルの粒子を50パーセントの割合で分離できる分粒装置を用いて、より粒径の大きい粒子を除去した後に採取される粒子をいう

 

表3 光化学オキシダントの生成防止のための大気中炭化水素濃度の指針
物質 環境上の条件 設定年月日等
非メタン炭化水素 午前6時から9時の3時間平均値が0.20ppmCから0.31ppmCの範囲以下にあること 昭和51年8月13日通知

 

「大牟田市大気環境常時監視システムのホームページについて」

 大牟田市内の大気汚染物質等の測定結果を下記のサイトを通じて、平成28年11月21日午後1時から公開しましたので、ご覧ください。
 また、大牟田市のトップページに「大牟田市大気環境常時監視システム」のボタンを設けましたので、トップページからこのサイトに入ることができます。
 なお、ここで公表されているデータは速報値であり、確定値ではありません。データ検証の結果、後日修正される場合があります。

 大牟田市大気環境常時監視システムのホームページ

                          大気環境常時監視システム

 

大気環境測定結果(速報値)について

 大牟田市内の大気汚染物質等の測定結果は、福岡県のホームページでも公表しています。以下のサイトをご覧ください。
 なお、ここで公表されているデータは速報値であり、確定値ではありません。データ検証の結果、後日修正される場合があります。

福岡県内のPM2.5の速報値(福岡県ホームページ)

福岡県内のPM2.5を含む大気汚染物質の速報値(福岡県ホームページ)

 

参考リンク

福岡市PM2.5予測情報(福岡市ホームページ)

熊本県の大気環境の状況(熊本県ホームページ)

環境省大気汚染物質広域監視システム(そらまめ君)(環境省ホームページ)


このページに関する
お問い合わせは

環境部 環境保全課
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎南別館2階)
電話:0944-41-2721
ファックス:0944-41-2722
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:894)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。