総合トップへ

「世界禁煙デー」および「禁煙週間」のお知らせ

最終更新日:2019年5月16日

5月31日は「世界禁煙デー」、5月31日~6月6日は「禁煙週間」です

 

WHO(世界保健機構)は、毎年5月31日を「世界禁煙デー」と定めています。

また、厚生労働省は、この「世界禁煙デー」からの1週間を「禁煙週間」とし、禁煙および受動喫煙防止の普及啓発を行っています。

この機会に、たばこと禁煙について考えてみましょう。

 

【令和元年度 禁煙週間のテーマ】

 

 「2020年、受動喫煙のない社会を目指して~たばこの煙から子ども達をまもろう~」

   (参考)WHO世界禁煙デーのテーマ:「Tobacco-a threat to development」

 

世界禁煙デー

喫煙と健康問題について

 

【喫煙者本人への健康影響について 】
喫煙が健康に及ぼす悪影響については、長い研究の歴史があり、今日においては多くの研究成果が蓄積しています。

その結果、喫煙者に、がん、心臓病、脳卒中、肺気腫、喘息、歯周病等、特定の重要な疾病の罹患率や死亡率等が高いこと、及びこれらの疾病の原因と関連があることは多くの疫学研究等により指摘されています。 

【 妊娠中の健康への悪影響について 】
妊婦の喫煙による流産、早産、低出生体重児等などの発生率が上昇することも報告されており、妊娠中の喫煙が胎児の発育に悪影響を及ぼすことが指摘されています。 

【周囲の非喫煙者への健康影響について 】
たばこの煙による健康への悪影響は喫煙者本人にとどまりません。

他人のたばこの煙を吸わされる受動喫煙によって健康への悪影響が生じることも指摘されています。 


【依存性について 】
たばこに依存性があることは確立した科学的知見となっています。
依存の原因となる物質は、たばこ煙の成分に含まれるニコチンです。

そして、ニコチン依存は世界的には独立した疾患として扱われています。


【 未成年者の喫煙について 】
未成年者の喫煙は法律で禁止されています。
たばこには依存性があり、喫煙開始年齢が低ければ低いほど健康への悪影響が大きく現れるという問題があります。 

【「噛みたばこ」、「嗅ぎたばこ」について 】
「かみたばこ」、「かぎたばこ」は無煙たばこと呼ばれており、たばこの一種です。

「かみたばこ」および「かぎたばこ」においても、紙巻きたばこによる喫煙と同様に口腔がんとの関連等、健康への悪影響が指摘されています。 

関連リンク

【厚生労働省のホームページへ】 

 

厚生労働省 喫煙と健康問題について簡単に理解したい方のために(Q&A)

 

厚生労働省 たばこと健康に関する情報ページ

このページに関する
お問い合わせは

保健福祉部 健康福祉推進室福祉課 健康対策担当
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市保健所3階)
電話:0944-41-2668
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:9171)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。