総合トップへ

大牟田市産後はぐはぐケア事業

最終更新日:2018年11月1日
 

大牟田市産後はぐはぐケア事業 

~出産後のお母さんに、安心と休息を~ 
 

1.利用できる方

  大牟田市に住民票を有する生後4か月未満のお子さんとそのお母さん 

  ・育児支援者が少なく、保健指導や育児指導を希望される方 

  ・母子ともに感染がなく、医療行為が必要でない方

  ・産後の身体の回復に不安があり、心身の不調または、育児不安などのある方

 

2.  利用できるサービスの内容 

 1)サービスの内容

・赤ちゃんのケア(健康状態の観察の相談、発育、体重測定、便尿状態など)

・お母さんのケア(心身の健康状態や乳房のケア、家族や生活等の相談など)

・育児のサポート(授乳指導、沐浴、育児相談など)

 

2)サービスの場所と種類

・宿泊型と日帰り型があります。

利用日数の上限は宿泊型6泊、日帰り型7日迄です。

 

種類

利用時間の目安

利用料金(自己負担金消費税込み)

市民税課税世帯

市民税非課税世帯

生活保護受給世帯

宿泊型

利用開始から24時間の利用

食事3食あり

1泊2日

5,400

1泊2日

1,000

日帰り型

利用開始から6時間の利用

食事昼あり

   12,200

1300

 

下記の医療機関で利用できます。

入所の時間は各施設にお問い合わせください。

医療機関名

住所

電話番号

大牟田市立病院

宝坂町2-19-1

0944-53-1061

河野産婦人科医院

正山町148

0944-54-9710

東原産婦人科医院

倉永1672-3

0944-58-1025

村尾産婦人科クリニック

古町1-2

0944-56-3648

                                                                                       (五十音順)

利用施設の請求に基づき、利用料をお支払いください。    

 

3.ご利用方法

相談

 

 

申請

 

利用を希望される方は、「子育て世代包括支援センター はぐはぐおおむた」

ご相談ください。申請には、母子健康手帳と印鑑が必要です。原則として利用希望日の7日前までに「産後ケア事業利用申請書」を提出してください。助産師、保健師が、お母さんと赤ちゃんの体調やご家族の状況などを伺います。

  退院後すぐに利用したい場合は、妊娠34週以降から申請できます。

 

利用決定

 

「はぐはぐおおむた」が 施設(産科医療機関)と調整を行います。利用施設と日程等が決まりましたら、「産後ケア事業利用承認通知書」を発行します。

 * ベッドの空き状況等によっては、希望する施設が利用できない場合があります。

 

ご利用

 

・利用施設へ、持っていくものや時間などを確認し「産後ケア事業利用承認通知書」を提出してください。

・利用中は利用施設の指示に従い、規則を遵守してください。

・利用の変更やキャンセルをされる場合は、利用の3日前(土日祝日の場合は、その前日)の午前中

 までに「はぐはぐおおむた」へ連絡してください。

* 連絡なくキャンセルをされた場合は、産後はぐはぐケア事業を利用したとみなし、

  利用料をお支払いいただく場合があります。

 

利用料の支払い

 

利用施設の請求に基づき、利用料をお支払いください。

 

利用後

 

「はぐはぐおおむた」の助産師、保健師が、お母さんと赤ちゃんのこと、育児のことなどについて、引き続き相談に応じていきます。

 

  チラシ『 大牟田市産後はぐはぐケア事業(PDF:441.3キロバイト) 別ウインドウで開きます

 

このページに関する
お問い合わせは

保健福祉部 子ども未来室子ども家庭課 大牟田市子育て世代包括支援センター
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎2階)
電話:0944-41-2260
ファックス:0944-41-2664
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:9347)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。