総合トップへ

市営住宅におけるアスベストを含む吹付け材の使用状況について

最終更新日:2017年7月31日

 

先般より、公営住宅のアスベスト使用状況について、新聞、テレビで報道されているところですが、大牟田市市営住宅については平成17年及び平成20年に調査を実施しています。

その結果、調査時点のすべての市営住宅の住戸内につきましては、アスベストを含む吹付け材が使用されていないことを確認しています。

 なお、住戸外につきましては、下記の箇所にアスベストを含む吹付け材が使用されていたため、平成2年度に密封処理を行いました。今後解体時においては、アスベストに関する規制を遵守し、アスベストが飛散することのないよう処理を行います。

 

表:市営住宅の住戸外でアスベストを含む吹付け材の使用が確認された箇所

団地名

所在地

建設年度

使用箇所

対策工事

対策実施年度

高泉団地

大牟田市大字歴木字筒井535-13

S46

下水道中継ポンプ場旧ブロアー室

密封処理

H2

 

 

 

 

不明な点がございましたら、お問い合わせください。

 

このページに関する
お問い合わせは

都市整備部 建築住宅課
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎4階)
電話:0944-41-2787
ファックス:0944-41-2795
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:9487)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。