総合トップへ

マイクロチップについて

最終更新日:2020年3月12日
 

マイクロチップについて

 南筑後保健所では、迷子として保護された犬にはマイクロチップの読み取りを実施されています。

マイクロチップが挿入されていることで、迷子になったペットが飼い主さんの元に帰ることが出来ます。 

マイクロチップはペットの確実な身元証明になります。

 
マイクロチップマイクロチップリーダー
          マイクロチップ

      マイクロチップリーダー(読み取り器)

 
 マイクロチップは、直径 2mm、長さ8~12mmのカピセル状のものです。
動物病院で、ペットの体内に埋込むと、脱落したり、消失することはなく、このチップのなかの番号を、専用の読み取り器で読み取ることで、ペットの名前や生年月日、飼い主さんは誰か、連絡先は・・・といった情報を得ることが出来ます。
 


 

 

 


このページに関する
お問い合わせは

保健福祉部 保健衛生課
〒836-0843
福岡県大牟田市不知火町1-5-1(大牟田市保健センター2階)
電話:0944-41-2669
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:9642)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。