総合トップへ

令和2年7月豪雨大牟田市災害義援金の配分について

最終更新日:2021年1月11日
 

令和2年7月豪雨大牟田市災害義援金の配分について

 令和2年7月豪雨により被災された方に対し、市内外の皆様や企業、団体等の皆様からお預かりしたもののほか、福岡県、日本赤十字社および福岡県共同募金会を通じて多くの義援金をお寄せいただきました。心より感謝いたします。
 この義援金の配分について、大牟田市義援金配分委員会における審議を経て決定した基準により、対象となる方へ順次配分します。
 

1.義援金配分額(第1次配分+第2次配分)

 

区  分

1次配分

2次配分

合計額

【参考】
配分基準

人的被害

死亡者

800,000

190,000

990,000

10

重傷者(3か月以上)

400,000

95,000

495,000

5

重傷者(1か月以上3か月未満)

240,000

57,000

297,000

3

住家被害

全壊

800,000

190,000

990,000

10

大規模半壊

600,000

142,500

742,500

7.5

半壊(中規模半壊含む)

400,000

95,000

495,000

5

準半壊

200,000

47,500

247,500

2.5

準半壊に至らない(一部損壊)

80,000

19,000

99,000

1

 

 
      ※居住している建物が被災した世帯に対して、り災証明書における「住家の被害の程度」に応じて配分します。

   なお、アパート等の大家は対象となりません。

  ※床下浸水世帯についても、「準半壊に至らない(一部損壊)」以上の区分であれば、義援金の配分を行います。

      ※被災後に世帯主が亡くなられた場合、遺族の方に対し義援金をお渡しすることができます。

   該当される場合は、財政課までご相談ください。

  

 ◆第1次配分◆

  令和2年9月28日に義援金配分委員会を開催し、第1次配分金額が決定しました。

  対象となる方へ令和2年10月から申請書を発送し、順次振込みを行っています。

  

 ◆第2次配分◆

  令和3年1月7日に義援金配分員会を開催し、第2次配分金額が決定しました。

  令和2年12月末までに申請された方へは、第2次配分金額の振込みを行います。

  令和3年1月以降に申請される方へは、第1次配分金額と第2次配分金額の合計額の振込みを行います。

 

 

2.申請手続き

 ~第1次配分の申請を行っている方~

  第2次配分の申請は不要です。第1次配分の振込口座への振込みを行います。

 

 ~第1次配分未申請の方~

  対象となる方へ申請書を送付しています。申請書に必要事項を記載の上、返信用封筒に入れて郵送してください。

  申請書受付後、2~3週間程度で第1次配分と第2次配分の合計額を振り込みます。

  

3.今後の追加配分

 今後、福岡県からの追加配分が行われた場合は、配分額が決定次第、大牟田市義援金配分委員会を開催し、追加配分基準額等について決定の上、義援金の配分を行います。

 

      

義援金受付について

  災害義援金の受付の詳細はこちらから↓

 

  大牟田市ホームページ 「令和2年7月豪雨大牟田市災害義援金について」別ウィンドウで開きますのページへ別ウィンドウで開きます

 

このページに関する
お問い合わせは

企画総務部財政課
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地
電話:0944-41-2507
ファックス:0944-41-2552(総務課内)
メール e-furusatonz@city.omuta.fukuoka.jp
(ID:14649)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。