総合トップへ

ツマアカスズメバチについて【特定外来生物】

最終更新日:2022年5月20日
 

ツマアカスズメバチについて【特定外来生物】

   

   

 令和4年5月9日付で特定外来生物ツマアカスズメバチの女王バチが福岡市及び糟屋郡久山町にて確認されました。

 ツマアカスズメバチは日本在来のオオスズメバチ等と比較して、「特に人体に関わる被害が大きいことはありません」が、在来のハチを駆逐し、生態系や養蜂業等に被害を及ぼすおそれがあります。

 

 

 なお、ツマアカスズメバチは、国内では長崎県対馬市において定着が確認されています。対馬市以外ではこれまでに巣や個体が5地域(福岡県北九州市(平成27年9月)、宮崎県日南市(平成28年5月)、長崎県壱岐市(平成29年9月~11月、平成30年5月)、大分県大分市(平成30年10月)、山口県防府市(令和元年11月))で確認されています。いずれも発見した巣や個体については防除を実施し、周辺でモニタリング調査が行われており、現時点で、これらの地域において定着は確認されていません。

一方、現在三池港や大牟田市内ではツマアカスズメバチは確認されていません

 (三池港周辺では環境省九州地方環境事務所がツマアカスズメバチの監視をしています。)

 

 ツマアカスズメバチかもしれないハチの個体や巣を見つけたときは、近寄らず刺激しないでください

 また、発見場所等について大牟田市環境部環境保全課(0944-41-2721)までご連絡ください。

 

  巣が球状で高い位置に作ることがある        ツマアカスズメバチ
    ツマアカスズメバチの巣                     ツマアカスズメバチ  
 (巣が球状で高い位置に作ることがある)        (他のスズメバチと比較して

                                腹部の線が太くて黒い

                             お尻付近が太いオレンジ

                             足先が黄色)

 

  比較
  (27~40mm)(24~37mm)(22~28mm)(21~28mm)(17~24mm)(20~30mm)
    在来スズメバチとの比較(写真提供:環境省九州地方環境事務所)

 














 



このページに関する
お問い合わせは

環境部 環境保全課
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎南別館2階)
電話:0944-41-2721
ファックス:0944-41-2722
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:16632)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。