総合トップへ

三川ポンプ場の状況について

最終更新日:2021年6月9日

 昨年(令和2年)7月6日の豪雨により浸水被害を受けた三川ポンプ場ですが、7月12日にはポンプ12台全てを応急復旧しました。

また、今年の梅雨のシーズンを迎えるにあたり、以下の浸水対策を行っております。

具体的には

   (1)仮設水中ポンプ2基を新たに設置

    ポンプ能力:毎分25立方メートル×2基(合計毎分50立方メートル)

    (ポンプ場の排水能力は毎分645立方メートルから毎分695立方メートルとなっています)

 

      仮設ポンプ設置状況    仮設ポンプ放流管


   (2)ポンプ場の各建物の周囲に、高さ約1.3mの止水用ブロック塀及び止水板の設置

 

    ブロック塀設置(ポンプ室)    止水版(拡大)

 

 

   (3)電気設備(配電盤)を地上約1.3mの位置にかさ上げ

 

    電気設備(盤、発電機)かさ上げ

 昨年の規模を上回る雨が降る可能性もありますので、避難情報に注意していただき、必要に応じて

早めの避難を心がけていただくようお願いします。

 

このページに関する
お問い合わせは

企業局 施設課
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(企業局庁舎2階)
電話:0944-41-2850
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:15415)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。