総合トップへ

揚げパンができるまで

最終更新日:2019年2月18日

 

給食センターで揚げパンができるまで

 

 
写真1

 小麦粉・スキムミルク・水を混ぜて衣を作り、パン屋さんで焼いた「ねじりパン」に、衣を1つずつ付けます。衣の固さの調整がとても難しいです。他の自治体では、この衣を付けないところが多いそうです。衣を付けることによって、サクサクでパンに油が染みこまない揚げパンが出来上がります。

 
 
写真2

連続揚げ物機で揚げます。

2個ずつまずはパンの上側を下に向けて揚げます。160℃ 2分半で揚がります。

  
 
写真3

途中裏返してパンの下側を揚げます。パンは油に浮かび中央部が揚がらないので、11つ押しつけます。

1400個の揚げパンを揚げます。約1時間半かかります。

 


 
  • 写真4

揚がったパンに黄粉・砂糖・塩を混ぜたものを11つ丁寧に付けます。

ねじりパンにしたことで、食べやすく、黄粉が付きやすくなりました。

 


 
写真5

できあがり❕❕
 


 

揚げパンは元々学校を欠席した子どもに美味しいパンを届けるために考案されたメニューだった

  戦後の食糧難の頃は、給食のパンは貴重で、欠席者がいると、放課後その子の家までクラスメイトが届けに行っていました。しかし、当時のパンは乾燥しやすく時間が経つと固くなってしまい、あまり美味しいものではありませんでした。どうにかしてパンを柔らかいまま届けることは出来ないかという思いから、昭和27年に東京都大田区の小学校の調理士が、パンを油で揚げて砂糖をまぶす方法を編みだしました。それが揚げパンなのです。
 やがて、揚げパンは全国の学校で給食のメニューに取り入れられました。あまり美味しいものが出回ってなかった時代なので、砂糖をまぶした甘い揚げパンは子ども達には衝撃的な美味しさだったはずです。

このページに関する
お問い合わせは

教育委員会事務局 学務課給食担当
〒836-0051
福岡県大牟田市諏訪町2丁目50番地(大牟田市中学校給食センター1階)
電話:0944-41-2865
ファックス:0944-54-7172
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:12623)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。