総合トップへ

世界文化遺産「宮原坑」から明るく元気なまちづくり!

最終更新日:2021年3月24日
 

世界文化遺産「宮原坑」を中心に、幼稚園・小学校・中学校・高校が一つになってまちづくりを!

 3月17日、世界文化遺産「三池炭鉱宮原坑」に、子どもたちが思いを込めた絵を描いたプランター用木箱を28個寄贈しました。

 木箱は、三池工業高校土木科の生徒が作ったものを、はやめ幼稚園、若草幼稚園の園児と駛馬小学校、宮原中学校、三池工業高校の児童生徒が絵を描いたものです。子どもたちは、「大牟田の宝『三池炭鉱宮原坑』から、明るく元気なまちにしたい」と、地域の方々と共に数年前からこのプロジェクトに取り組んでいます。

 


Downloads三池工業と幼稚園


Downloads宮原坑プランター贈呈式.JPG

   
三池工業高校の生徒から、はやめ幼稚園の園児にプランター木箱渡し 絵を描いた木箱を持ち寄って、世界文化遺産「宮原坑」に寄贈


 


このページに関する
お問い合わせは

教育委員会事務局 教育みらい創造室
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎4階)
電話:0944-41-2867
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:15193)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。