総合トップへ

学校給食における地場産青果物の優先活用について

最終更新日:2017年9月26日
 

学校給食に地場産青果物を優先的に活用します

巨峰
 
 学校給食の地場産物活用については、給食時間等の指導を通して、児童生徒の郷土への関心を高め、地域の食料の生産、流通、消費について理解し、生産者への感謝の心や自然を尊重する心を持つ等の教育的な効果が期待できます。
 そこで、大牟田市学校給食会では、学校給食に地場産青果物を優先的に活用する基準を設け、青果物を購入することになりましたので、以下のとおり、お知らせいたします。
 なお、地場産青果物の優先活用については、学校給食会の物資納入登録業者を通しての納入になり、学校給食会との事前協議も必要になります。詳しくは、大牟田市学校給食会へお問い合わせください。


問合せ 大牟田市学校給食会

電話 0944-54-7171

このページに関する
お問い合わせは

教育委員会事務局 学務課給食担当
〒836-0051
福岡県大牟田市諏訪町2丁目50番地(大牟田市中学校給食センター1階)
電話:0944-41-2865
ファックス:0944-54-7172
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:8264)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。