総合トップへ

飲食店に消火器の設置が必要となります

最終更新日:2019年6月24日
 

2019年10月より飲食店に消火器が必要です!

2016年12月に新潟県の糸魚川市で大規模な火災が発生しました。

火災の原因は、飲食店のコンロから広がったということが調査より判明しました。

このことから、消防法が改正され、2019年10月1日より

を使用するすべての飲食店消火器の設置が必要

となりました。

 

ただし、以下の装置があれば消火器の設置は免除できます。

  • 調理油過熱防止装置
  • 自動消火装置(火災を感知し消火薬剤で自動消火するもの)
  • その他の危険な状態の発生の防止及び発生時における被害を軽減する安全機能を有する装置(例:圧力感知安全装置)


 


 

このページに関する
お問い合わせは

消防本部  予防課
〒836-0844
福岡県大牟田市浄真町46番地
電話:0944-53-3527
ファックス:0944-53-7460
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:13072)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。