総合トップへ

はしご車 放水

最終更新日:2017年10月1日

この先端屈折式はしご車は伸縮水路を装備しているためバスケット前面モニターより最大毎分2000ℓの大量放水が可能であり、高層ビル火災や化学工場火災等に対応できます 

 

 

 先端バスケットから放水の写真

 

 先端から放水の写真

高層ビル、マンションなど高い場所への放水が可能です

バスケット前面のモニターより放水できます

 

 

 はしご車基部より先端方向への写真


先端放水を下からの撮影写真

はしご基部からバスケットまで伸縮水路(水を通す筒)がつながっています

バスケット放水時には水圧により反動力が発生するのでバスケット乗車定員には限りがあります 

 
先端に取り付ける発泡管そうの写真

 

はしご車後部送水口の写真
 

発泡管そう

化学工場火災では泡消化薬剤を使用するため発泡管そう(泡ができやすくなる管そう)装備を変更します

 

はしご車後部の送水口にホースを接続しはしご先端へ水を送ります(最大放水時は4本接続可能)

 

 

このページに関する
お問い合わせは

消防本部  警防課
〒836-0844
福岡県大牟田市浄真町46番地
電話:0944-53-3540
ファックス:0944-53-3531
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:7523)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。