総合トップへ

がん検診会場での新型コロナウイルス感染症対策について

最終更新日:2021年1月15日
 

 新形コロナウイルス感染症が気になって受診を控えている皆さまへ

自覚症状が現れにくい、そんな病気は少なくありません。だからこそ、定期的な健診と検診で健康状態をしっかりチェックしましょう。       
自分の体をしっかり知るのが、健康維持の第一歩です。                                                                                         
検診の会場では換気や消毒を行うなど、新型コロナウイルス感染症の感染防止対策に努めています。
 定期的に健診・検診を受けましょう。 
  
 

集団がん検診について

 市では、がん検診を安心・安全に受診していただくために集団検診の会場において、下記の取り組みを行っています。
 なお、今後の新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況により、中止や延期になる場合があります。中止等の決定は、検診日の直前に判断することがありますので、ご理解いただきますようお願いいたします。お申込みいただいた方には、個別にお知らせいたしますので、申込時には連絡の取れる電話番号をお知らせください。
 

受診される皆様へ(お願い)

 検診受診時は以下のことについて、ご協力をお願いします。
 
1.会場に入場できる人数を制限しますので、受付時間の厳守にご協力ください。
  受付時間前にご来場いただいても、混雑を避けるために会場に入れない場合がありますのでご了承ください。
2.マスクの着用をお願いします。
3.会場に入る前に下記の「新型コロナウイルス感染防止に関する質問」を聞き取りますので、ご協力ください。 
  (1)~(4)の項目に一つでも該当する場合は、当日の検診を受診できません。
 (1)発熱について

 ・検診当日の朝、平熱より高い体温(または37.5℃以上の発熱)がある

 ・検診当日を含め2週間以内に上記の発熱が出たことがあった

 (2)自覚症状について

 ・咳等の呼吸器症状、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁・鼻づまり、頭痛、関節・筋肉痛、下痢、嘔吐、味覚障害(味がしない)などの症状がある

 ・原因が明らかでない4~5日続く下痢等の消化器症状がある

 (3)海外渡航歴について

 ・海外への渡航歴があり帰国して14日以内である

 ・上記に該当する同居者がいる、または職場内で接触歴がある

(4)接触歴について

 ・2週間以内に新型コロナウイルスに感染(疑い)のある方と接触歴がある

 ・同居者や職場内に感染(疑い)のある方がいる

 ・新型コロナウイルス感染症の患者に濃厚接触の可能性があり、待機期間内(自主待機も含む)である

 公益財団法人 ふくおか公衆衛生推進機構(旧福岡県すこやか健康事業団)資料より抜粋

4.非接触型の体温計で検温を行います。なお、自宅で検温を行い、体温が37.5℃以上ある場合は受診を延期してください。別の日程での申し込みを希望される方は福祉課健康対策担当(電話:41-2668)にご連絡ください。

5.入場前に手指アルコール消毒をお願いします。アルコール製剤のアレルギーがある方は石鹸での手洗いをお願いします。

6.胃がん・肺がん検診を受診される方は滞在時間の短縮のため、ボタンや柄がない上着(無地のTシャツなど)ファスナーやボタンがないズボン(ウ    エストがゴムのジャージなど)でお越しください。乳がん、子宮頸がん検診を受ける方は着脱しやすい服装でお越しください。 

                  公益財団法人 ふくおか公衆衛生推進機構(旧 福岡県すこやか健康事業団)資料

検診従事者の取り組み

・スタッフ全員、マスクを着用します。
・手指消毒、検査ブース周辺、検査機器の消毒を行います。
・検診会場の換気を行います。
・検診車内での順番待ちの人数を制限します。
  
がん検診の詳細についてはこちらです。→各種がん検診・健康診査のご案内別ウィンドウで開きます 
 
集団がん検診のお申し込みはこちらです。→電子申請別ウィンドウで開きます(外部リンク)
 
(ID:14554)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。