総合トップへ

国民年金の任意加入

最終更新日:2020年10月1日
 日本に住所がない人や60歳以上の人は国民年金の加入義務はありません。しかし、これらの人も年金の受給資格を満たしたり、将来受ける年金額を増やすために、国民年金に任意加入することができます。
 任意加入は、申し込んだ月から加入でき、またいつでもやめることができますが、そのつど手続きが必要です。

 

 

60歳以上の人の任意加入

 次の人が対象となります。

 

 60歳以上65歳未満で
  ・60歳時点で年金の受給資格期間を満たしていない人
    ・満額の老齢基礎年金を受けるには納付期間が不足している人
 
 65歳以上70歳未満で
    ・65歳時点で年金の受給資格期間を満たしていない人で、昭和40年4月1日以前に生まれた人  

 

※年金の受給資格期間とは、年金を受けるために必要な資格期間のことです。
 「給付の種類」のページで説明しています。  「給付の種類」のページへ
※60歳以上の任意加入の保険料納付は原則口座振替になります。

    

届出先

 大牟田年金事務所
 または大牟田市役所 保険年金課 国民年金担当
 

必要なもの

 年金手帳、印鑑(認め印)、本人確認できるもの(運転免許証、マイナンバーカード等)、金融機関の口座通帳およびその届出印鑑  
 その他の書類が必要な場合があるため、事前に問い合わせてください。
 代理人が届け出るときは委任状が必要です。
  委任状(日本年金機構様式)(PDF:214.5キロバイト) 別ウインドウで開きます
 
 

国外に住んでいる人の任意加入

 次の人が対象となります。

 

 ・海外に居住している日本国籍の人

 

届出先

 国内の最終住所地を管轄する年金事務所か市区町村窓口(大牟田年金事務所または大牟田市役所 保険年金課 国民年金課)
 国内に住所を置いたことがない人は、千代田年金事務所
 
必要なもの
 事前に問い合わせてください。

このページに関する
お問い合わせは

市民部 保険年金課 国民年金担当(8番窓口)
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎2階)
電話:0944-41-2607
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:2219)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。