総合トップへ

【大牟田市石炭産業科学館】今年度の企画展・イベントのお知らせ

最終更新日:2021年1月25日

    •   

世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」の三池炭鉱関連資産ガイダンス施設
    ~三池炭鉱関連資産巡りはここからはじまります~【大牟田市石炭産業科学館】

 

企画展・イベントのお知らせ 

大牟田市石炭産業科学館では、常設展示のほかに、さまざまな企画展やイベントを開催しています。
ご家族やお友だちを誘って仲良く、にぎやかに、おひとり様でゆったり、隅々まで・・・、学んだり、遊んだり…いろんなシチュエーションで楽しめます。みんな、石炭館に来んねー!(いらっしゃい!)


石炭館 外観

 
 令和2年度の企画展・イベント

 

館内展示改修工事のため2月7日(日)まで臨時休館します。

2月8日(月)は通常休館日のため、2月9日(火)から開館します。

皆様には、ご不便をおかけしますが、ご協力よろしくお願いします。

石炭館劇場~みんなのおはなし会~ 開催

毎月第3日曜日の石炭館ファミリーデーにあわせて、「絵本・児童文学で大牟田を元気にする会」の協力により読み聞かせ会を開催します。
大型の絵本、手品、紙芝居など盛りだくさんの内容で、みなさまのご来館をお待ちしております。

日時: 毎月第3日曜日 15時から
参加費: 無料※常設展示室観覧の場合は有料
問合せ: 石炭産業科学館 TEL 0944-53-2377

 

 ※詳しくは石炭産業科学館ホームページへ⇒URL:http://www.sekitan-omuta.jp/event/2020/13.html

 

「一家に一枚ポスター」プレゼント!

  石炭館では、6月16日(火)から科学技術週間(4月13日~4月19日)に合わせて文部科学省で制作された「一家に一枚ポスター」を先着100名様にプレゼントします。

   今年のテーマは「南極-地球の未来を映す窓-」です。 ご希望の方は、石炭館受付にお申しつけください。
       ※ポスターは、科学技術週間のホームページからダウンロードできます。⇒URL:stw.mext.go.jp

 

第21回 炭都写真コンテスト作品展・思い出のスナップ写真展 (終了しました)

  「炭都大牟田・荒尾の風景」をテーマに、世界文化遺産・近代化産業遺産を含め大牟田と荒尾ならではの写真を募集し、今年度も多くの皆さんからご応募いただきました。
 第21回「炭都写真コンテスト作品展」では、応募された全作品を展示します。
 また、「思い出のスナップ写真展」では、大牟田・荒尾の懐かしい風景や炭鉱関連の写真など今では見ることのできない貴重な写真など、市民の皆さんから寄せられた写真を展示します。
*炭都写真コンテスト作品展 
 「炭都大牟田・荒尾の風景」をテーマに応募された作品95点を展示します。

*思い出のスナップ写真展
 昭和14年に撮影された宮浦坑での記念写真、昭和40年 三池工業高校 甲子園優勝パレードのスナップなど、大牟田・荒尾の懐かしい写真を展示します。

 

日時:令和2年12月19日(土)令和3年1月24日(日) 9時30分~17時

   ※毎週月曜休館(祝日の場合は翌平日)及び年末年始(12月29日~1月3日)
場所:石炭産業科学館 企画展示室
料金:無料(別に常設展示室観覧の場合は有料)

※詳しくは石炭産業科学館ホームページへ⇒URL:http://www.sekitan-omuta.jp/event/2020/19.html 

  

第4回 石炭館名誉館長連続講座(終了しました)

【徹底解説 石炭産業と日本社会】
 令和2年度 石炭館名誉館長 松井紀久男(九州大学名誉教授)による連続講座「石炭の開発・利用が社会にどのような影響を及ぼしたか?」(全5回)の第4回目を開催します。
これまでの石炭の開発と利用が日本社会に及ぼしてきた影響を様々な視点から紹介し、今後の石炭の役割を考える講座です。
特に石炭の開発・利用や地球環境問題に関心のある方におすすめです。
石炭館だからこそできる、スペシャリストによる石炭産業講座です。

今回のテーマは「 三池炭鉱栄枯盛衰-歴史を振り返る-」。

 ご興味、関心のある方のご参加お待ちしております。

日時:令和3年1月23日(土)14時~15時30分

場所:大牟田市石炭産業科学館 オリエンテーション室

定員:先着35名 ※当日12時から1階事務室にて整理券を配布します。

参加費:無料 ※別に常設展示室観覧の時は、観覧料が必要です。

その他:新型コロナウイルス感染防止のため、マスクの着用等のご協力をお願いします。

 

 ~令和2年度 大牟田市石炭産業科学館名誉館長講座の今後の日程~

  ◎令和3年

3月27日(土):第5回 石炭の開発と利用で世界をリードする

※(興味のある回だけの参加も可能です。)

       ※詳しくは石炭産業科学館ホームページへ⇒URL:http://www.sekitan-omuta.jp/event/2020/6.html

 

連続講演会 三池炭鉱掘り出し物語 第3回 開催(終了しました)

 石炭館では大牟田荒尾炭鉱のまちファンクラブ、福岡大学地域共生研究所と共催で隔月一回、三池炭鉱にかかわる人々から貴重な話を聞く、連続講演会を開催します。

 第3回目は、元三池炭鉱鉄道操車手の平川道治さんにご講演いただきます。

 講演では通勤と物流を支えた炭鉱電車について語っていただきます。。

演題:通勤と物流を支えた炭鉱電車 そして今
講師:平川道治(元三池炭鉱鉄道操車手)

日時:令和2年12月19日(土)14時~15時30分

場所:大牟田市石炭産業科学館 オリエンテーション室

定員:先着40名 ※当日12時から1階入口にて整理券を配布します。

参加費:無料 ※別に常設展示室観覧の時は、観覧料が必要です。

その他:新型コロナウイルス感染防止のため、マスク着用等のご協力をお願いします。

       ※詳しくは石炭産業科学館ホームページへ⇒URL:http://www.sekitan-omuta.jp/event/2020/18.html

 

世界遺産登録5周年記念 『三池港と洞海湾~「明治日本の産業革命遺産」企画展3~』(終了しました)

 世界遺産登録5周年記念『三池港と洞海湾~「明治日本の産業革命遺産」企画展3~』は、三池炭鉱から産出される石炭を積み出さすために築港された三池港、官営八幡製鐵所の前面に広がり、産業港として変貌を遂げた洞海湾、産業の発展により隆盛を極めた八幡や三池のまちの様子などに関する資料を多数展示します。

 

日時: 令和2年11月14日(土)~12月13日(日) 9時30分~17時
   ※毎週月曜休館(祝日の場合は翌平日)
場所: 大牟田市石炭産業科学館 企画展示室
参加費: 無料(常設展示室観覧の場合は有料 )
主催:「明治日本の産業革命遺産」福岡県世界遺産連絡会議(福岡県、北九州市、大牟田市、中間市)
共催:大牟田市石炭産業科学館、北九州市立いのちのたび博物館、九州歴史資料館、中間市教育委員会
協力:芦屋町歴史民俗資料館、黒崎歴史ふれあい館、戸畑祇園大山笠振興会、福津市教育委員会、若築建設株式会社・わかちく史料館、水落 勝氏

  ※詳しくは石炭産業科学館ホームページへ⇒URL:http://www.sekitan-omuta.jp/event/2020/17.html

 

第3回 石炭館名誉館長連続講座(終了しました)

【徹底解説 石炭産業と日本社会】
 令和2年度 石炭館名誉館長 松井紀久男(九州大学名誉教授)による連続講座「石炭の開発・利用が社会にどのような影響を及ぼしたか?」(全5回)の第3回目を開催します。
これまでの石炭の開発と利用が日本社会に及ぼしてきた影響を様々な視点から紹介し、今後の石炭の役割を考える講座です。
特に石炭の開発・利用や地球環境問題に関心のある方におすすめです。
石炭館だからこそできる、スペシャリストによる石炭産業講座です。

今回のテーマは「人材育成ー世界に誇る九州大学の取り組みー」。

 ご興味、関心のある方のご参加お待ちしております。

日時:令和2年11月28日(土)14時~15時30分

場所:大牟田市石炭産業科学館 オリエンテーション室

定員:先着35名 ※当日12時から1階事務室にて整理券を配布します。

参加費:無料 ※別に常設展示室観覧の時は、観覧料が必要です。

その他:新型コロナウイルス感染防止のため、マスクの着用等のご協力をお願いします。

 

 ~令和2年度 大牟田市石炭産業科学館名誉館長講座の今後の日程~

  ◎令和3年

1月23日(土):第4回 三池炭鉱栄枯盛衰ー歴史を振り返るー

3月27日(土):第5回 石炭の開発と利用で世界をリードする

※(興味のある回だけの参加も可能です。)

 

       ※詳しくは石炭産業科学館ホームページへ⇒URL:http://www.sekitan-omuta.jp/event/2020/6.html

 

第21回炭都写真コンテスト作品募集(終了しました)

 大牟田・荒尾は、かつて炭鉱とその関連産業のまちとして栄え、今も他のまちにはない炭都ならではの独特の魅力をもっています。石炭館では、そんな炭都の写真を募集します。

 近代化産業遺産をはじめ、大牟田と荒尾の地域ならではの写真を募集します。
 すべての応募作品は石炭館で開催する作品展で展示させていただきます。

    募集期間:令和2年3月1日(日)から11月23日(月・祝)午前9時30分から午後5時まで

         ※月曜休館(ただし、祝日の場合は翌平日)

    募集内容:近代化産業遺産をはじめ、大牟田と荒尾の地域ならではの写真。おおむね5年以内に撮影されたもの。

       ※詳しくは石炭産業科学館ホームページへ⇒URL:http://www.sekitan-omuta.jp/topic/2020/5.html
 

思い出のスナップ写真募集(終了しました)

 石炭館では、毎年「炭都写真コンテスト作品展・思い出のスナップ写真展」を開催しており、今年も思い出のスナップ写真を募集します。

 個人で所有されている炭鉱や炭都大牟田・荒尾にまつわる古い写真、めずらしい写真がありましたら、ご提供いただけませんか?
 炭鉱のまちの歴史を証言する貴重な資料として、石炭産業科学館で展示させていただきます。

    募集期間:令和2年3月1日(日)から11月23日(月・祝)午前9時30分から午後5時まで

         ※月曜休館(ただし、祝日の場合は翌平日)

   募集内容:炭鉱をはじめ炭都に関連した大牟田・荒尾の写真。おおよそ10年以上前の写真で、現在は見ることができなくなった風景等を撮影した写真など 

       ※詳しくは石炭産業科学館ホームページへ⇒URL:http://www.sekitan-omuta.jp/topic/2020/6.html 

文化の日(11月3日) 石炭館無料公開(終了しました)

文化の日11月3日(火・祝)、石炭館は常設展示室を無料公開します。

石炭を燃やしたり、重さをはかったりする「石炭であそぼう!」

館内を探索し、クロベエくんを探しだす「館内探検クロベエくんを探せ」!

大迫力の巨大な炭鉱の機械が出迎える「ダイナミックトンネル」!

イベントもりだくさんで皆さんのご来館をお待ちしています。

・古くて新しい石炭の使い道を体験しよう!

内容:楽しい実験を通して石炭の使い道を学びます。
場所:石炭館2Fエントランス
時間:・10時~10時40分 ・11時~11時30分 ・13時~13時40分
・メタセコイアで工作しよう!

内容:石炭の木を使った簡単な工作教室を開催します。ここでしか作れないオリジナル作品を作りましょう。
場所:石炭館2Fエントランス
時間:・10時~正午(随時受付) ・13時~15時(随時受付)
・石炭であそぼう

内容:もやしたり、さわったり、重さを当てたり、石炭を使って楽しく遊びます。
場所:石炭館2Fエントランス
時間:・9時40分~10時(随時) ・10時40分~11時(随時) ・11時40分~12時(随時) ・13時40分~14時(随時)
・名誉館長特別講演

内容:世界トップクラスの採炭技術を誇った三池炭鉱についての特別講演会を行います。
講師:松井紀久男(大牟田市石炭産業科学館 名誉館長 九州大学名誉教授)
場所:石炭館1F円形ホール
時間:14時~14時30分
・ジャー坊とまわろう♪石炭産業科学館♪

内容:大牟田市公式キャラクター「ジャー坊」といっしょに、石炭館を探検しましょう♪
場所:石炭館内
時間:14時30分~15時
その他:参加ご希望の方は、14時30分に円形ホールにご集合ください。
・館内探検 クロベエくんをさがせ

内容:館内に隠れている石炭館公式キャラクター「クロベエくん」を探し出すゲームです。全部みつけたらいいことあるかも♪
場所:石炭館内
時間:9時30分~17時

 

       ※詳しくは石炭産業科学館ホームページへ⇒URL:http://www.sekitan-omuta.jp/event/2020/16.html
 
【同時開催】
第8回 炭都芸術祭 in 大牟田

・「炭都」をテーマに現代アートの作品が石炭館に集まります。会場では一人のためのコンサートを毎日開催(11:00~12:00 ※受付は毎日10時50分まで)

芸術の秋を、どうぞ石炭館でお楽しみください。

日時:令和2年10月27日(火)~11月3日(火・祝)

       ※詳しくは石炭産業科学館ホームページへ⇒URL:http://www.sekitan-omuta.jp/event/2020/15.html 

 

第8回 炭都芸術祭 in 大牟田 開催(終了しました)

「炭都」をテーマに現代アート作家による展覧会を開催します。
また、関連イベントとして「芸術の秋の新たな日常 一人のためのコンサート」も同時開催。
おひとりだけでアート作品と音楽家の演奏による音楽が鑑賞できます。

芸術の秋を、どうぞ石炭館でお楽しみください。

日時:令和2年10月27日(火)~11月3日(火・祝)  ※期間中の休館日は11月2日(月)です。
   9:30~17:00 ※最終日は~16:00(最終日は 9:30~16:00)。

場所:石炭産業科学館 企画展示室

料金:無料

主な内容:「炭都」をテーマにした絵画等のアート作品展示など

主催:炭都国際交流芸術祭 in 大牟田実行委員会
共催:大牟田市石炭産業科学館
後援:大牟田市・大牟田市教育委員会・大牟田美術協会 ・大牟田音楽家協会

問合せ:炭都国際交流芸術祭 in 大牟田実行委員会 TEL 080-6939-2903

 

関連イベントとして「芸術の秋の新たな日常 一人のためのコンサート」を開催します。
日時:10月27日(火)~11月3日(祝・火) ※期間中の休館日は11月2日(月)
   11時~12時 ※約10分毎に入れ替え制
演奏 10月27日(火) 江見政信(バイオリン)
   10月28日(水) 江口顕二(ヴェトナム民族楽器)
   10月29日(木) サンソロ(サックス)
   10月30日(金) 北崎ひろみ(フルート)
   10月31日(土) 黒田香代子(ピアノ)
   11月 1日(日) 上田祥子(ピアノ)
   11月 3日(火) 坂口芙奈(ピアノ)
定員:先着6名
鑑賞ご希望の方は10時50分までに企画展示室入口で受付してください。
 
       ※詳しくは石炭産業科学館ホームページへ⇒URL:http://www.sekitan-omuta.jp/event/2020/15.html 

 

連続講演会 三池炭鉱掘り出し物語 第2回 開催(終了しました)

 石炭館では大牟田荒尾炭鉱のまちファンクラブ、福岡大学地域共生研究所と共催で隔月一回、三池炭鉱にかかわる人々から貴重な話を聞く、連続講演会を開催します。

 第2回目は元炭鉱マンの岩本繁徳さんに、約40年勤めた三池炭鉱での体験について講演いただきます。

 岩本さんは鉱山学校を経て三池炭鉱に就職し、ほどなく遭遇した三池争議では三池労組行動隊として活動するものの、争議後に様々な葛藤を経て三池新労に移りました。
 後に労働部長として組合専従するなか、有明鉱火災などの事故にも立ち会われています。

演題:私の三池炭鉱40年史
講師:岩本繁徳(元三池新労本部労働部長)

日時:令和2年8月29日(土)14時~15時30分

場所:大牟田市石炭産業科学館 オリエンテーション室

定員:先着40名 ※当日12時から1階入口にて整理券を配布します。

参加費:無料 ※別に常設展示室観覧の時は、観覧料が必要です。

その他:新型コロナウイルス感染防止のため、マスク着用等のご協力をお願いします。

       ※詳しくは石炭産業科学館ホームページへ⇒URL:http://www.sekitan-omuta.jp/event/2020/14.html

第2回 石炭館名誉館長連続講座(終了しました)

【徹底解説 石炭産業と日本社会】
 令和2年度 石炭館名誉館長 松井紀久男(九州大学名誉教授)による連続講座「石炭の開発・利用が社会にどのような影響を及ぼしたか?」(全5回)を開催します。
これまでの石炭の開発と利用が日本社会に及ぼしてきた影響を様々な視点から紹介し、今後の石炭の役割を考える講座です。
特に石炭の開発・利用や地球環境問題に関心のある方におすすめです。
石炭館だからこそできる、スペシャリストによる石炭産業講座です。今回のテーマは「産業の近代化ー鉱害・公害と後悔ー」。

 ご興味、関心のある方のご参加お待ちしております。

日時:令和2年9月26日(土)14時~15時30分

場所:大牟田市石炭産業科学館 オリエンテーション室

定員:先着35名 ※当日12時から1階事務室にて整理券を配布します。

参加費:無料 ※別に常設展示室観覧の時は、観覧料が必要です。

その他:新型コロナウイルス感染防止のため、マスクの着用等のご協力をお願いします。

 

 ~令和2年度 大牟田市石炭産業科学館名誉館長講座の今後の日程~

 ◎令和2年

11月28日(土):第3回 人材育成ー世界に誇る九州大学の取り組みー

 ◎令和3年

1月23日(土):第4回 三池炭鉱栄枯盛衰ー歴史を振り返るー

3月27日(土):第5回 石炭の開発と利用で世界をリードする

※(興味のある回だけの参加も可能です。)

 

       ※詳しくは石炭産業科学館ホームページへ⇒URL:http://www.sekitan-omuta.jp/event/2020/6.html

   

第21回 葦ペン画展 開催(終了しました)

 素朴なやさしい線で描いたふるさとの風景

葦の茎をペンにして描く「葦ペン画」の展示会です。
大牟田・荒尾で活動中の葦ペン画サークルの作品を展示します。
ふるさとの風景や、日常の営み、建物、そして今も残っている炭都の風物などを、素朴なやさしい線で描いた作品をご覧ください。
 

日時: 令和元年9月5日(土)~9月13日(日) 9時30分~17時 ※最終日は16時まで
   ※期間中の休館日は9月7日(月)。
場所: 大牟田市石炭産業科学館 企画展示室
参加費: 無料(常設展示室観覧の場合は有料 )
主催: 大牟田市石炭産業科学館
    葦ペン画展実行委員会
    ・藤彩会(荒尾市 中央公民館)
    ・藤久会(荒尾市 小岱工芸館)
    ・葦ペン愛好会(大牟田市 中央地区公民館)

  ※詳しくは石炭産業科学館ホームページへ⇒URL:http://www.sekitan-omuta.jp/event/2020/11.html

 

クリーン・コール・デーにちなみ 9月6日(日)石炭館無料公開(終了しました)

【お知らせ】台風10号接近による一部イベントの中止について

 9月6日(日)、「クリーンコールデー」関連イベントのうち「石炭館名誉館長特別講演会」「古くて新しい石炭の使い道を体験しよう!」は、中止します。併せて「館内ガイドツアー」も中止します。

 また、6日は、台風の影響で閉館を早めることがあります。ご了承ください。

 

 

9月6日(日)は石炭館が楽しい!

石炭の役割を広く知ってもらうために制定された「クリーン・コール・デー」(9月5日)にちなみ、9月6日(日)を石炭館無料公開します。

様々なイベントを用意して皆様をお持ちしております

当日は・・・

・大牟田市公式キャラクター「ジャー坊」といっしょに炭鉱の現場を体験!「ジャー坊とまわろう♪ダイナミックトンネル」
・石炭で重さをそろえるゲーム「石炭であそぼう!」
・石炭の木を使った簡単な工作教室「メタセコイアで工作しよう!」
・楽しい実験ショーを楽しみながら石炭について学べる「古くて新しい石炭の使い道を体験しよう!」(中止)

などの楽しいイベントを用意してます。

 

各イベント開催時間

・ジャー坊と回ろう♪ダイナミックトンネル 12時~12時15分 13時45分~14時

・古くて新しい石炭の使い道を体験しよう~石炭地下ガス化体験実験~(中止) 10時~10時40分 11時~11時40分 13時~13時40分

・石炭であそぼう♪ 10時40分~11時(随時)

・メタセコイアで工作しよう! 10時~12時(随時受付) 13時~15時(随時受付)

・石炭館名誉館長特別講演会(中止) 14時~
場所: 大牟田市石炭産業科学館

 

 ※詳しくは石炭産業科学館ホームページへ⇒URL:http://www.sekitan-omuta.jp/event/2020/12.html

  

連続講演会 三池炭鉱掘り出し物語 第1回 開催(終了しました)

 石炭館では大牟田荒尾炭鉱のまちファンクラブ、福岡大学地域共生研究所と共催で隔月一回、三池炭鉱にかかわる人々から貴重な話を聞く、連続講演会を開催します。

 令和2年度 第1回目は与論島出身で三池炭鉱に勤められ、宮浦坑中国人殉職者慰霊碑建立に関わられた堀栄吉さんにご講演いただきます。

 

演題:与論島からの移住と三池炭鉱 そして中国人慰霊碑
講師:堀栄吉(日本中国友好協会大牟田支部 支部長代行)

日時:令和2年8月29日(土)14時~15時30分

場所:大牟田市石炭産業科学館 オリエンテーション室

定員:先着40名 ※当日9時30分から1階入口にて整理券を配布します。

参加費:無料 ※別に常設展示室観覧の時は、観覧料が必要です。

その他:新型コロナウイルス感染防止のため、マスクの着用等のご協力をお願いします。

       ※詳しくは石炭産業科学館ホームページへ⇒URL:http://www.sekitan-omuta.jp/event/2020/10.html 
 

夏の鉄道展開催 ※開催期間が変更になりました。(終了しました)

   豪雨災害による影響のため、開催期間を「7月21日(火)~」から「8月1日(土)~」に変更しました。
【この町を走っていた ずっと忘れない】
ありがとう炭鉱電車~三池炭鉱専用鉄道の歩みを振り返る~
―令和2年5月7日ラストラン―
 市民に愛され、製造から80年以上もの間現役で走り続けた機関車(通称炭鉱電車)たちは、役目を終え引退の日を迎えました。
 今回の鉄道展では、三池炭鉱専用鉄道の開業から全盛期、そして三池炭鉱専用鉄道を引き継いだ三井化学専用鉄道の姿を紹介します。
【主な展示物】
・黎明期の三池炭鉱専用鉄道の古写真
・三池炭鉱専用鉄道等の動画上映
・三井化学専用鉄道の写真
・車両部品、路線図、関連物品等
・炭鉱電車の竹製精密模型
 
【関連イベント】
「鉄道 DE あそぼう♪」・・・石炭で動く小型の蒸気機関車等が石炭館で走ります。乗車もできます。
※詳しくは石炭産業科学館ホームページへ⇒URL:http://www.sekitan-omuta.jp/event/2020/9.html
 
【協力】
有明工業高等専門学校、大牟田レイルクラブ、九州鉄道記念館、九州旅客鉄道(株)、三井化学(株)大牟田工場、
飯塚伸一、井尻慶輔、宇都宮照信、栗林陸生、黒岩正治、嶋田英典、島村崇、立川哲也、立石昭雄、野村耕二、藤原義弘、横溝英樹 (敬称略)
 
日時:令和2年8月1日(土)~8月30日(日) 9:30~17:00(最終日は16:00まで)
   ※月曜休館、祝日の場合は翌平日。
会場:大牟田市石炭産業科学館 企画展示室(1階)
参加費:無料

         ただし、常設展示室の観覧は有料です。大人(高校生以上)420円、4歳か ら中学生まで210円

      (土曜日割引:高校生260円、4歳から中学生130円)

(8月16日は家族で観覧の場合、高校生以上320円、4歳~中学生160円)
 

       ※詳しくは石炭産業科学館ホームページへ⇒URL:http://www.sekitan-omuta.jp/event/2020/8.html

     

夏の鉄道展関連イベント「鉄道 DE あそぼう♪」開催(終了しました)

石炭で動くミニSLが走る!
電気の力でミニ炭鉱電車が走る!
本物そっくりの鉄道模型も走る!
この夏、石炭館にやってくる!
おでかけは石炭館でキマリ!
 
【ミニSLがやってくる!】
 日時:8月22日(土)、23日(日) 午前11時~午後3時 ※途中1時間休憩あり。小雨決行。
 場所:石炭館前広場
 料金:常設展示室観覧券で乗車できます。
  乗車もできる小型の蒸気機関車が、本物の石炭を燃やして走ります。
【ミニ炭鉱電車がやってくる!】
 日時:8月23日(日) 午前11時~午後3時 ※途中1時間休憩あり。
 場所:館内 円形ホール
 料金:常設展示室観覧券で乗車できます。
  乗車もできるミニ炭鉱電車が電気の力で走ります。
【鉄道模型走行展示】
 日時:8月29日(土)、30日(日) 午前10時~午後3時
 場所:館内 円形ホール
  本物そっくりの鉄道模型が走ります。観覧無料。

※詳しくは石炭産業科学館ホームページへ⇒URL:http://www.sekitan-omuta.jp/event/2020/9.html
 

石炭館名誉館長連続講座(第1回)(終了しました)

【徹底解説 石炭産業と日本社会】
 令和2年度 石炭館名誉館長 松井紀久男(九州大学名誉教授)による連続講座「石炭の開発・利用が社会にどのような影響を及ぼしたか?」(全5回)を開催します。
これまでの石炭の開発と利用が日本社会に及ぼしてきた影響を様々な視点から紹介し、今後の石炭の役割を考える講座です。
特に石炭の開発・利用や地球環境問題に関心のある方におすすめです。
石炭館だからこそできる、スペシャリストによる石炭産業講座です。

 ご興味、関心のある方のご参加お待ちしております。

日時:令和2年7月18日(土)14時~15時30分

場所:大牟田市石炭産業科学館 オリエンテーション室

定員:先着35名 ※当日9時30分から1階入口にて整理券を配布します。

参加費:無料 ※別に常設展示室観覧の時は、観覧料が必要です。

その他:新型コロナウイルス感染防止のため、マスクの着用等のご協力をお願いします。

  

次回は、9月26日(土)14時から開催予定です。


 ~令和2年度 大牟田市石炭産業科学館名誉館長講座の日程~

 ◎令和2年
9月26日(土):第2回 工業の近代化ー鉱害・公害と後悔ー

11月28日(土):第3回 人材育成ー世界に誇る九州大学の取り組みー

 ◎令和3年

1月23日(土):第4回 三池炭鉱栄枯盛衰ー歴史を振り返るー

3月27日(土):第5回 石炭の開発と利用で世界をリードする

※(興味のある回だけの参加も可能です。)

 
       ※詳しくは石炭産業科学館ホームページへ⇒URL:http://www.sekitan-omuta.jp/event/2020/6.html
    

春の収蔵品展 『石炭はどこにある』(終了しました)

  【展示数400点以上!興味を惹く石がズラリ!】

知ってるようで知らない、地下に埋まっている石炭。

これまで石炭館に寄贈された石炭、岩石、化石の標本をもとに、石炭はどんなところに埋まっているか、ご案内します。
     日時:令和2年3月7日(土)~5月10日(日)午前9時30分から午後5時まで

         ※月曜休館(ただし、祝日の場合は翌平日)

    会場:大牟田市石炭産業科学館 企画展示室(1階)

    入場料:無料

            ただし、常設展示室の観覧は有料です。大人(高校生以上)420円、4歳か ら中学生まで210円

      (土曜日割引:高校生260円、4歳から中学生130円)

       ※詳しくは石炭産業科学館ホームページへ⇒URL:http://www.sekitan-omuta.jp/event/2020/5.html

 

 世界文化遺産『万田坑』との相互割引サービス

 世界文化遺産『万田坑』と世界文化遺産ガイダンス施設『大牟田市石炭産業科学館』との相互割引サービスを行っています。

 

   いずれかの施設の観覧・入場券をもう一方の施設の受付に提示すると、割引が受けられます。

  あなたも、相互割引サービスを利用して、世界文化遺産巡りに出かけましょう!

       ※詳しくは石炭産業科学館ホームページへ⇒URL:http://www.sekitan-omuta.jp

 

「館内ガイドツアー」

 石炭産業科学館展示解説ボランティアが館内を案内します。

  開催日:毎週土曜日、日曜日、祝日

  開始時間:1回目10時30分から

       2回目13時30分から

       いずれも、所要時間は約30分

  参加方法:常設展示室の観覧券を自動券売機で購入し、開始5分前に円形ホール受付前に集合してください。事前の申し込みは不要です。

       常設展示室の観覧料は、大人420円、高校生420円、4歳から中学生210円です。

       土曜日は、高校生260円、4歳から中学生は130円です。

 

 ※詳しくは石炭産業科学館ホームページへ⇒URL:http://www.sekitan-omuta.jp 

 

毎月第3日曜日は、「石炭館ファミリーデー」です。

   石炭館ファミリーデーにご家族2名以上でいらっしゃると優待料金で常設展示室が観覧できます。

    ご家族優待料金は、大人320円、小人160円 です。

 

 ※詳しくは石炭産業科学館ホームページへ⇒URL:http://www.sekitan-omuta.jp 

 

 

◇過去のイベント一覧はこちら⇒URL:https://www.city.omuta.lg.jp/hpKiji/pub/detail.aspx?c_id=5&id=11221&class_set_id=7&class_id=642

 

このページに関する
お問い合わせは

産業経済部 石炭産業科学館
〒836-0037
福岡県大牟田市岬町6番地23
電話:0944-53-2377
ファックス:0944-53-2340
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:5965)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。