総合トップへ

病児・病後児保育施設『マリア病児ルームおひさま』

最終更新日:2020年1月14日
 
令和2年1月から、病児・病後児保育事業を実施します。
 
 

事業の概要

この事業は、病気中または病気からの回復期にあるお子さんを、仕事等の理由により保護者が家庭で育児ができない場合に、専用の保育スペースで一時的にお預かりする事業です。

 

 

実施施設

『マリア病児ルームおひさま』

住所:大牟田市大字歴木728

電話:0944-85-8621

H  P:http://maria-kg.ed.jp/byouji/

 

 

利用期間と利用時間等

(1)利用期間

 ・月曜日~土曜日(日曜・国民の祝日・8月13日~16日・12月29日~1月3日・その他の日を除く)

 ・原則として連続7日間以内

(2)利用時間

 午前8時30分~午後5時30分

(3)利用定員

 9名

 

 

利用できるお子さん

以下の(1)~(4)のすべてを満たしている、おおむね生後6か月から小学6年生までのお子さんです。

(1)大牟田市内に住所がある、または保護者が大牟田市内に勤務されている

(2)病気中または病気の回復期の状態で、事業の利用が可能である(連絡票で確認)

(3)保護者が仕事等の理由により、家庭において保育を行うことが困難である

(4)事前に子ども育成課にて登録をしている(休止していた病後児保育事業にすでに登録されている場合は、新たな登録は不要です。)

 

 

利用料金

 料金表R1~
 

 

利用方法

STEP1
『マリア病児ルームおひさま』を利用したいと思われる方は、事前に登録が必要です。次の登録場所で、事前登録の申請を行ってください。登録後、登録証を郵送します。登録証は実際に利用するときに必要となりますので、保管をお願いします。 
※休止していた病後児保育事業にすでに登録されているお子さんは、新たな登録は不要です。お持ちの登録証をご使用ください。
【登録場所】大牟田市役所子ども育成課(有明町2丁目3番地) 電話 0944-41-2248
         【登録に必要なもの】 「印鑑」「母子手帳」

                          【登録書類】 病児・病後児保育事業登録申請書(PDF:141.7キロバイト) 別ウインドウで開きます 

                ※市外居住者の方は、登録時に本市で勤務していることを証明する資料が必要です。詳しくは事前に市役所へご確

                認ください。

 

STEP2(予約・連絡票)
(予約)原則として、利用希望日の前日(前日施設が休みの場合は前々日)までに『マリア病児ルームおひさま』に予約をしてください。電話またはマリア病児ルームおひさまHP別ウィンドウで開きます(外部リンク)での予約となります。
※定員は最大で9名ですが、お預かりするお子さんの状況等により、定員に達していなくてもお断りすることがあります。
 
(連絡票)利用前日(または当日)までに、「かかりつけ医からの連絡票」を持参したうえで、かかりつけ医を受診し、連
                        絡を記入してもらってください。
         ※「かかりつけ医からの連絡票」は、実施施設、市役所(子ども育成課)での配布、または実施施設、市役所HPから入手して
         ください。
 
  
STEP3(利用)
・登録証をご提示ください。
・かかりつけ医からの連絡票、利用申込書、家庭との連絡票を合わせて提出してください。
※利用申込書と家庭との連絡票は、実施施設、市役所(子ども育成課)での配布、または実施施設、市役所HPから入手していただき、ご自宅で記入の上ご持参ください。
・利用料金をお支払いください。(利用料金は利用開始時にお支払いください。)
         ・利用時間は、午前8時30分~午後5時30分です。
         【ご持参いただくもの】
         ・書類等(かかりつけ医からの連絡票 / 利用申込書 / 家庭との連絡票 / 登録証 / 利用料金)         
         ・かかりつけ医処方のお薬とその説明書
         ・着替え一式(多めにご持参ください。)
         ・おむつ5枚以上、おしりふき(お子さんに応じて)
         ・ビニール袋3枚以上(汚れもの入れとして)
         ・水筒、またはミルクと哺乳瓶
         ・お子さんのお気に入りのおもちゃや絵本など
         ※すべての持ち物に記名をお願いします。

注意事項

・預かり時に、かかりつけ医が作成した連絡票の提出がない場合は利用できません。

※連絡票は実施施設、市役所(子ども育成課)での配布、または実施施設、市役所HPから入手し、かかりつけの医療機関に提出し記入してもらってください。

・予約されていた場合であっても、お子さんの状況によっては利用をお断りする場合があります。

・預かり中にお子さんの容態が急変した場合などには、保護者の方にお迎えを要請する場合があります。また、容態の程度によっては、実施施設の判断で医療機関の診察を受ける場合があります。この場合の診察にかかる費用は、保護者の負担となります。

・利用料金は、預け入れ時に実施施設にお支払いください。

・アレルギーをお持ちなど、特に配慮が必要なお子さんは、事前に実施施設にお伝えください。

・現在、病後児保育事業の登録証をお持ちの方は、新たな登録は不要です。

・昼食は300円/回で提供することができます。ただし、アレルギーをもつお子さんについてはお断りする場合があります。

 

 

 

幼児教育・保育の無償化について

特定の条件に該当される方は、幼児教育・保育の無償化の対象となります。

詳しくは、『病児・病後児保育事業の利用料無償化について』こちら別ウィンドウで開きますをご覧ください。

 

 

このページに関する
お問い合わせは

保健福祉部 子ども未来室子ども育成課
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市庁舎2階)
電話:0944-41-2248
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:1031)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。