総合トップへ

各種がん検診・健康診査のご案内

最終更新日:2020年5月29日

 

各種集団がん検診について

新型コロナウイルス感染拡大にともなうがん検診等の再開について(6月1日更新)

福岡県において新型コロナウイルス感染症について発令された緊急事態宣言につきましては、解除されました。

緊急事態宣言の期間中は、市のがん検診の中止等の対応を行ってきましたが、宣言解除にともない順次再開しております。

宣言の期間中はご希望の日程で受診いただけなかったことをお詫びいたしますとともに、中止等の対応にご理解・ご協力

いただきましたことにお礼申し上げます。

【ご注意】

今後の新型コロナウイルス感染の拡大状況によっては、再度緊急事態宣言の発令または市内での感染者発生状況によって

健(検)診中止等の対応を再度行う可能性がありますので、最新の状況はこのページでご確認くださいますようお願いします。

 

委託医療機関でのがん検診について

市内の各医療機関で実施するすべての検診は順次再開しています。

ただし、各医療機関において、新型コロナウイルス感染症対策としての外来患者の制限や、3つの密(密閉・密集・密接)対策のため、

検診の受け入れ数を平常時よりも少なくしていたり、一時的に検診を受け入れていないことがあります

受診希望の方には大変お手数をおかけしますが、検診を受け入れているのかの確認や、予約などのために、受診前に各医療機関に

お問い合わせください。

 

集団検診について

6月以降の集団がん検診は申し込みを受け付けています

7月1日(水)開催分よりお申込みください。

 

 

日程・各種がん集団検診の種類等について  

  下記の日程表をご覧ください。

      •  

  •      ふくおか電子申請サービス

    ◆集団がん検診についての注意事項

    • 大腸がん検診は、電話等で予約を受けると、採便容器を検診日の前に郵送します。 
    • 検診日に定員が満たない場合は、受診日を変更してもらう場合があります。

    • 胃がん検診(バリウム検査)・大腸がん検診・肺がん検診は1年度(4月から翌年の3月までの間)に1回、乳がん検診・子宮がん検診は2年度に1回しか受けられません。

    • 乳がん検診は、国の指針により平成29年度から視触診検査が廃止されました。

    • 集団がん検診は、「公益財団法人福岡県すこやか健康事業団」に委託します。

    • 減免制度があります。
       後期高齢者医療被保険者・生活保護世帯・市民税非課税世帯の人は、証明書があれば半額になります。当日、証明書を持参してください。

    • 集団がん検診の日程は、大牟田市保健所および大牟田文化会館で実施する集団がん検診のみを掲載しています。小学校や地区公民館などの地域で実施する集団がん検診は、随時「広報おおむた」でお知らせします。

    • 令和2年度の日程(下半期)等は「広報おおむた」8月1日号に掲載予定です。 

    • 電話による予約方法
      受診希望日、受診する検診名、郵便番号、住所、氏名、性別、生年月日、年齢、電話番号を申し出てください。

    • 来所による予約方法
      直接、福祉課健康対策担当(大牟田市保健センター3階)に来所いただき、受診希望日、受診する検診名、郵便番号、住所、氏名、性別、生年月日、年齢、電話番号を申し出てください。
    • 電子申請による予約申込み方法
      大牟田市では、「ふくおか電子申請サービス」を活用して「集団がん検診」の予約申込みを行っています。次のリンクより予約申込みを行ってください。

      ※予約申込みの後、受診できることが確定しましたら、検診日の前までに「検診受診票」を送付します。受診時間等を確認し、検診日当日は検診受診票と健康手帳を持参してください。 

    ◆子育て応援デー・レディースデーについて
      大牟田市では、子育て中の保護者が、安心して集団がん検診を受けられるように、「子育て応援デー」を設け、集団がん検診の受診の間、保育士が子どもを預かるサポートを行ないます。また、同じ日に女性医師および女性スタッフによる「レディースデー」を実施します。
     詳しくは、次のページをご覧ください。

    『集団がん検診の中に「子育て応援デー・レディースデー」を設けました』のページ

     

    生活保護受給者等を対象とした健康診査・個別がん検診(市内の医療機関で実施)について

    • 毎月実施しています。各医療機関にお問合せください。

    ◆生活保護受給者等を対象とした健康診査の受診方法について

    • 健診は、事前に大牟田市保護課又は大牟田市福祉課健康対策担当で健診票を交付します。生活保護世帯の人は、大牟田市保護課より「生活保護証明書」の交付を受けてください。受診する際は、健診票(質問票等は事前記入)及び生活保護証明書(交付を受けた者のみ)を持参してください。
    • 医療機関によっては健診日時が決められていますので、電話などで確認のうえ受診してください。健康手帳を持っていない人は医療機関でもらえます。
    • 健診は、1年度(4月から翌年3月までの間)に1回しか受けられません。
    • 健診の結果は、受診した医療機関で必ず聞いてください。結果を郵送する医療機関もあります。
    • 健診結果をもとに大牟田市から保健師等が保健指導することがあります。

     

     

    医療機関がん検診について

    医療機関がん検診の受診方法について

    • がん検診は、直接医療機関に申し込んでください。
    • 医療機関によっては検診日時が決められていますので、電話などで確認のうえ受診してください。健康手帳を持っていない人は医療機関でもらえます。
    • 検診を受診した医療機関で必ず結果を聞いてください。結果を郵送する(または電話問い合わせでよい)医療機関もあります。必ず健康手帳に記入してもらってください。
    • 後期高齢者医療被保険者や生活保護世帯・市民税非課税世帯の人は、証明書があれば、半額になります。
    • 大腸がん検診・肺がん検診は1年度(4月から翌年3月までの間)に1回、胃がん検診(内視鏡検査)・乳がん検診・子宮がん検診については、2年度に1回の受診となります。

     ・医療機関がん検診指定医療機関名簿     

     がん検診を希望する大牟田市内のサークル・企業・団体等に所属する大牟田市民に対して検診車を派遣します。

    ▼検診の種類

      胃がん検診(バリウム検査)・大腸がん検診・肺がん検診・子宮がん検診・乳がん検診
     (全ての申込みや、いくつかを選択しての申込みも可能です)

    ▼申込みできる条件

    • 大牟田市内のサークル・企業・団体等

    • 検診車の駐車スペースや通路、受付等の場所を確保できるサークル・企業・団体等
      (保健所等の公共施設でも可能です)
    • 選択した各検診の受診希望者が概ね40人以上確保できるサークル・企業・団体等
    • 同様の各種がん検診を受けることができない大牟田市民により構成されている企業・団体等
    • 受診を希望する人が以下の条件を満たす場合
      胃がん検診(バリウム検査)・大腸がん検診・肺がん検診は40歳以上の大牟田市民で1年度に1回、子宮がん検診は20歳以上の大牟田市民で2年度に1回、乳がん検診は40歳以上の大牟田市民で2年度に1回受診可能です。

    ▼申込み方法など

     大牟田市福祉課健康対策担当(0944-41-2668)にお電話でお尋ねください。


    ▼申込みから検診までの流れ

    1. 申込書による申込み
    2. 受診条件等の確認
    3. 日程・場所の調整と決定
    4. サークル・企業・団体等からの名簿の提出
    5. がん検診の実施
    6. 個人宛の結果の送付      

    各検診に共通すること

    ◆がん検診を受診するときに必要なもの

     ・自己負担金

     ・無料クーポン券(持っている人)

     ・健康手帳(持っている人)

     ・問診票、受診案内、検便2日分(集団がん検診で大腸がん検診を受診予定の人)

     ・自己負担金の減免に必要な書類(該当する人)

     

    減免制度

    (注)後期高齢者医療被保険者、生活保護世帯、市民税非課税世帯の人は、証明書があれば、料金が半額になります。証明書は、検診日当日に持参してください。

    このページに関する
    お問い合わせは

    保健福祉部 健康福祉推進室福祉課 健康対策担当
    〒836-8666
    福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(大牟田市保健所3階)
    電話:0944-41-2668
    お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
    (ID:971)

    ※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
    PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。