総合トップへ

令和2年7月豪雨における災害復旧事業について(三川ポンプ場)

最終更新日:2022年4月6日
 

災害復旧事業の概要

 令和2年7月豪雨により被災した三川ポンプ場について、国の補助金を最大限活用するため、災害復旧事業での申請を行い、隣接した公園用地(樋口公園)において、建替えを行います。併せて下水道事業で可能な限り排水能力の増強(645m3/分→825m3/分)も実施します。

 令和8年度の試運転開始を目指しており、令和3年度までに設計業務を完了させたところです。

 現在、令和4年度の工事着手に向けて関係機関協議等を進めています。

 

 【事業費】

  約38億8千万円

  

 【設計のポイント】

  ・可能な限り排水能力を増強した計画とする

  ・再度災害防止を目的に、現況地盤(公園)から盛土した計画とする

  ・ポンプ施設は自動運転と遠隔操作、遠方からの監視が可能な計画とする

  ・吐口(放流渠)は、新たに諏訪川の上流側に追加した計画とする

 

 【新ポンプ場の施設概要】

  ・敷地面積→約2,800平方メートル(別紙1青枠公園部)

  ・排水能力→825m3/分(現在の能力645m3/分+180m3/分)

        ポンプ口径1500mm×3台(別紙1参照)

  ・計画地盤高→標高3.5m(別紙2参照)

  ・ポンプ場のフロア高→標高3.9m(別紙2参照)


    三川ポンプ場災害復旧事業について(別紙1、2)(PDF:1.53メガバイト) 別ウインドウで開きます



 

復旧スケジュール

  ・令和2年度 災害査定+基本設計

  ・令和3年度 基本設計+詳細設計+関係機関協議

  ・令和4年度 関係機関協議+工事契約手続き+公園の廃止手続き+工事着手

  ・令和5~7年度 土木、建築、機械、電気工事

  ・令和8年度 機械、電気工事+場内工事→試運転開始予定
  

 
 

その他

  ・三川ポンプ場の状況別ウィンドウで開きます



 
 



このページに関する
お問い合わせは

企業局 下水道課
〒836-8666
福岡県大牟田市有明町2丁目3番地(企業局庁舎2階)
電話:0944-41-2844
お問い合わせメールフォーム 別ウインドウで開きます
(ID:15323)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。