大牟田市トップへ
文字サイズ変更 拡大標準
背景色変更 青黒白
何をお探しですか?

令和2年7月豪雨における災害復旧事業について(三川ポンプ場)

最終更新日:

災害復旧事業の進捗状況削除

(3)  三川ポンプ場建設便り 第1号(令和5年2月)(PDF:754.3キロバイト) 別ウインドウで開きます →工事着手、起工式

(2)  工事着手について(土木)(PDF:148.6キロバイト) 別ウインドウで開きます

(1)  施工業者の決定(土木)(PDF:75.7キロバイト) 別ウインドウで開きます

 

災害復旧事業の概要

令和2年7月豪雨により被災した三川ポンプ場について、国の補助金を最大限活用するため、災害復旧事業での申請を行い、隣接した建設用地(旧樋口公園)において、建替えを行います。併せて下水道事業で可能な限り排水能力の増強(645m3/分→825m3/分)も実施します。

令和8年度の試運転開始を目指しており、令和4年度に工事へ着手しました。


 【事業費】

  約38億8千万円

  

 【設計のポイント】

  • 可能な限り排水能力を増強した計画とする
  • 再度災害防止を目的に、現況地盤(公園)から盛土した計画とする
  • ポンプ施設は自動運転と遠隔操作、遠方からの監視が可能な計画とする
  • 吐口(放流渠)は、新たに諏訪川の上流側に追加した計画とする

 

 【新ポンプ場の施設概要】

  • 敷地面積→約2,800平方メートル(別紙1青枠公園部)
  • 排水能力→825m3/分(現在の能力645m3/分+180m3/分)

        ポンプ口径1500mm×3台(別紙1参照)

  • 計画地盤高→標高3.5m(別紙2参照)
  • ポンプ場のフロア高→標高3.9m(別紙2参照)


 三川ポンプ場災害復旧事業について(別紙1、2)(PDF:1.53メガバイト) 別ウインドウで開きます


 

 

その他(既設三川ポンプ場)

  ・三川ポンプ場の状況について別ウィンドウで開きます別ウィンドウで開きます



 




このページに関する
お問い合わせは
(ID:15323)

重要なお知らせ

カウントダウン

注目情報

トピックス

ページの先頭へ